紛争 – オペレーター: ロシアは原子力発電所をクリミアに接続したい – 政治

Enerhodar (dpa) – ロシア軍が占領しているザポリージャにあるウクライナの原子力発電所は、数日前の爆撃にもかかわらず、まだ稼働しています。 「ザポリージャ原子力発電所は、放射線防護と火災安全要件に違反するリスクを抱えて稼働している」と、プラント運営者のエネルホートムはテレグラムのニュースサービスで述べた。

当局の責任者は以前、ロシア軍が爆撃で発電所をウクライナの電力網から切り離そうとしていると非難していた。 ユニットの緊急停止後、プラントの 2 つの原子炉が現在稼働中です。

ヨーロッパ最大の原子力発電所

ウクライナ南部のザポリージャ地方のエネルホダル市にある発電所は、6 つのブロックと 5,700 メガワットの正味出力を持つヨーロッパ最大の原子力発電所です。 ロシア軍は、ロシアのウクライナ侵攻が始まった直後の3月初旬に彼を捕らえました。 キエフとモスクワは、先週末にサイトを爆撃したとしてお互いを非難している.

火曜日、Enerhoatom のボスである Petro Kotin は、ロシア人が 3 つの高圧線を故意に破壊したと非難した。 これにより、原子力発電所を 150 キロ離れたクリミア半島に接続する準備が整う必要があります。

「原子力発電所をクリミアに移すには、ヘルソンとザポリージャ地域の占領地域であるウクライナ南部のすべてを閉鎖しなければならない」とコーティンはテレビに語った。 その後、これらの地域は徐々にクリミアの電力網に再接続され、ロシアの電力網と同期されます。 その後、ザポリージャ原子力発電所はウクライナの電力網に接続できなくなりました。

文脈は、2015年に破壊されたロシアに併合されたクリミアへの電力線が修復されたという7月の発表です。 さらに、ウクライナと近隣のモルドバは、2 月下旬に内戦が始まった直後に、旧ソ連の送電網から切り離されていました。 3 月には、両国がヨーロッパの送電網に接続されました。

モスクワ:世界は「深淵を歩く」

ロシア外務省は、ザポリージャ原子力発電所周辺のエスカレーションに関して、国連に対して深刻な申し立てを行った。 「残念ながら、国連はこの件で否定的な役割を果たした」と外務省報道官マリア・ザハロワはスプートニク公共ラジオに語った。

外交官は、責任ある国連当局が国際原子力機関(IAEA)による視察旅行を妨害し、その結果、状況がエスカレートしたと非難した。 「技術的な災害の結果や最も広い意味での問題を含む、核エネルギーの問題を扱う国連事務局では、世界が瀬戸際にあることを理解する必要がある」とザハロワ氏は述べた.

ロシア外務省は火曜日の声明で、国連事務局からの安全上の懸念により、原子力発電所へのIAEAの代表者による計画された旅行が土壇場で失敗したとすでに不満を述べていました。 ザハロワは「無責任な行動」について付け加え、語った。 ロシアは木曜日に国連安保理の特別会合を要請した。 理事会は、原子力発電所の状態について IAEA のボスである Grossi から通知を受けなければなりません。

G7がウクライナの支配を呼びかける

主要な民主的経済大国(G7)の外相は、モスクワに対し、ウクライナの完全な支配権を直ちにザポリージャに返還するよう求めた。 在ベルリン外務省はG7外相による声明で、「ザポリージャ原子力発電所の運営を担当するウクライナ人は、脅迫や圧力なしに任務を遂行できなければならない」と述べた。 「この地域を危険にさらしているのは、ロシアが原子力発電所を支配し続けていることだ」とパネルは述べた。

G7 はまた、ウクライナの国際的に承認された国境内にある他のすべての核施設に対して、安全で確実な運用を確保するよう要請を拡大しました。 ドイツは現在、フランス、英国、イタリア、米国、カナダ、日本を含む G7 グループの議長国です。

G7の外相は、ロシアの行動が核事故や事故のリスクを大幅に高め、ウクライナ国民、近隣諸国、国際社会を危険にさらすと警告した。

© dpa-infocom、dpa:220810-99-337628/4

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。