税収:日本は別の種類のアルコール問題を抱えている – 経済

日本には飲酒問題があります。 ご想像のとおり、Beer Pong、Rage Cage、Flanky Ball などの飲酒ゲームでの過度の飲酒ではありません。 酔っ払いに関しては、人類は常に独創的です。 いいえ、日本には別の問題があり、最近よくあることですが、それはコロナのパンデミックに関連しています。 この国の若者は、疫病による制限のために、ほとんど社交を断念しています。 また、一人で飲むのはあまり楽しくないため、アルコール消費量も急激に減少しました.

アルコールはもはやクールではなく、健康への意識はクールです。 同時に、まだガラスに強い古い世代は引退しています。 日本人の 29% が 65 歳以上です。 少なくとも日本の税務当局国税庁によれば、25 年前の世界はまったく違った、より良いものでした。 当時、日本人はまだ鼻あたり年間平均 100 リットルのワインを飲んでいました。 一方、今日の男子は 2020 年に 75 リットルしか管理できず、これは 1 か月あたり約 6 本のワインに相当します。

しかし、公衆衛生にとって良いことは、この場合、国庫に害を及ぼします。10 年前、アルコール税は依然として総税収の 3% を占めていました。 一方、2020 年はわずか 1.7% でした。 パンデミックの最初の年に、収益は1,100億円(約8億ユーロ)減少しました。 これは、日本の国家予算を見ても明らかです。 すでに480億円の赤字。

そのため、日本政府はアルコールの消費を促進するという目標を設定しています。 「酒ビバ!」をモットーに。 20~38歳の方が新商品、デザイン、販売方法などを提案できます。 政府は、彼らが飲酒への衝動を取り戻すことができることを望んでいます. 現在、9月9日まで提案を受け付けています。 11 月 10 日に、一見広範な協議の後、勝者が発表されます。

しかし、他の場所では、特に若者の間で、アルコール消費を減らすための多数の公的なキャンペーンが行われています. それも必要です。 たとえばドイツでは、若者が初めてビールを飲むのは平均 13.8 歳です。 そして 15 歳からは、年間 10.2 リットルの純粋なアルコールを消費します。

自国の政府がアルコール消費を奨励している一方で、世界の他の国々はその結果を警告しているという事実は、日本の厚労省が首を横に振っている. 彼は控えめな表現で、このキャンペーンが人々に「適度な量」のアルコールのみを摂取することを思い出させることも期待されている.

別のキャンペーンは、東京都が飲酒量を増やすか減らすかについて完全に同意していないように見えることを示している. 「飲酒の危険を防止する法律」に戻ります。 それはまた、アルコール乱用とその結果についての警告が与えられるべきである行動の週を提供します. 開始日: 11 月 10 日。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。