福島県で計画放水の着工

国内外で抵抗が続くも 木曜日の建設 被災した福島原発の処理水を海に放流する工場。

オペレーターの東京電力ホールディングス株式会社は記者会見で、工場で生成されたトリチウム水を海水で希釈し、沖合1キロの太平洋に放出することをまだ計画していると語った.

収納力は来年秋まで

東京電力は 6 月にプラントの建設作業を開始することを望んでいましたが、7 月に正式に許可された原子力規制当局の承認を待たなければなりませんでした。

2011 年 3 月の原子力発電所の事故以来、溶融した燃料要素を冷却するために水が発電所にポンプで送られてきましたが、そこでも雨水や地下水と混ざり合っています。

これまで東電が汲み上げた水を処理し、発電所敷地内の貯水池に貯留していましたが、2023 年秋には貯水池の容量がなくなる見込みです。

海外の近隣諸国との懸念

中国外務省のスポークスウーマンは、影響を受ける近隣諸国を考慮していないため、「無責任」であると述べた.

韓国政府も日本の計画を懸念している。 人々の安全と健康は常に最優先事項であるため、日本はより責任を持ってこの状況に対処する必要があります。

日本の決定を尊重するのは台湾だけだ。 原子力審議会によると、日本人は法的原則と専門知識に基づいて決定を下したと想定されています。

福島でさらなる画像被害の恐れ

一方、福島県の政府指導者は、危機後にすでに売り上げが大幅に落ち込んでいる地元の水産物の評判がさらに損なわれる可能性があるとの懸念を表明しています。

特に水産業は、世論や意見形成が起こり始めていることで、さらに打撃を受ける危険にさらされています。 そのため、人々の不安や悩みが企業イメージを損ねないように「対策」が必要です。

大熊市と双葉市の市長が政府に呼びかけた
ここで「良い例」を設定します。 「科学的知見に基づく情報を国内外に発信」したい。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。