物質主義時代のモンスター

  1. ホームページ
  2. 政治

設立: 更新しました:

[1945年8月、米国は広島と長崎の日本の都市で数千人を殺害しました。©成虫

FR の魅力的なエッセイで、広報担当者の Franz Alt は、人類の自己破壊に対して警告しています。

核兵器の保有でさえ不道徳である」とフランシスコ法王は2019年に広島を訪問した際、プーチン大統領が先週行ったように、核兵器を保有し、それらを使用すると脅迫している9カ国に演説した. ウクライナでの戦争は、核抑止力が戦争を防げないことを示しています。

77 年前、米国は人類史上初めて人口密集地域に原子爆弾を投下しました。 1945 年 8 月 6 日午前 8 時 15 分、目的地は南日本の広島市でした。 わずか 3 日後の 8 月 9 日午前 11 時 2 分、長崎に 2 発目の原爆が投下されました。 広島で14万人、長崎で7万3000人が死亡した。

米国政府は、極東での第二次世界大戦を迅速に終結させることができたのは 2 発の原子爆弾だけであるという主張で、今日に至るまでその残忍な使用を正当化しています。 日本人だけでなく、アメリカの歴史家もこの説に異議を唱え、日本政府はすでに平和の合図と「戦争疲れ」の兆しを送っていると指摘している.

2022 年までに、核放射線の長期的な影響で死亡する人の数は 2 倍以上になり、合計で 40 万人以上になります。 そして、原爆投下から77年を経た今もなお、死は続いています。 核爆弾政策はどれほど賢明ですか? ねずみがネズミ捕りを作ることはありませんが、人間は原子爆弾を作ります。 原子爆弾は、私たちの物質主義時代の最大かつ最も危険な怪物です.

ここ数年、広島市長、長崎市長、秋葉忠年市長、田上富久市長に招かれ講演をさせていただいております。 私のテーマは「原子時代から太陽時代へ」でした。 おそらく、このテーマに関してこれほど目立つ場所はありません。

広島と長崎の被爆者と話をしたり、印象的な追悼施設を訪れたりする人は誰でも、地上の地獄への扉を開きます。 1945 年 8 月、それまで世界が想像もできなかった大量殺人事件が発生しました。 数秒のうちに、数万人が灰の山となって無に消えました。 他のすべての人は、残りの人生の間、放射線を浴びて麻痺しました。

1955 年に設立された長崎市の平和公園の上にそびえ立つ、高さ 10 メートルの長崎の西望北村平和祈念像。 写真提供 Philippe FONG / AFP.
1955 年に設立された長崎市の平和公園の上にそびえ立つ、高さ 10 メートルの長崎の西望北村平和祈念像。 写真提供 Philippe FONG / AFP. ©dpa

しかし、私を最も驚かせたのは、広島市長から与えられた数字でした。毎年、1945 年の影響で日本では今でも 3,000 人以上が亡くなっています。 、彼は彼の街で核放射線によって殺された現在の数を書いていました:140,144!

77年後、広島と長崎は私たちの後ろではなく、まだ先を行っています。 彼は死に続けるでしょう。

北朝鮮とイランの原子爆弾に関する長年の議論から、核エネルギーの平和利用と原子爆弾の製造との間に密接な関係があることがわかっています。 爆弾の材料は原子力発電所でも生産されます。 原子力発電所がなければ、原子爆弾はありません。 多くの原子力発電所での世界的な事故は、原子力の最大の友人でさえ二度考えなければなりません! しかし、世界で稼働中の原子力発電所が 400 基以上ある限り、悪徳政治家は原子爆弾の製造を試み続けます。 400 基の原子力発電所は、400 の可能性のある原子力事故を表しています。 100%安全な原子力発電所は世界に一つもありません。 残留核リスクだけが確実です。

また、核の時代から抜け出さなければ、核爆弾がいつの日かテロリストの手に渡るということも考慮に入れなければなりません。 しかし、これは次のことを意味します。できるだけ早くすべての原子力発電所を停止し、将来的に再生可能エネルギー源 (太陽光、風力、バイオエネルギー、地熱エネルギー、水力、海洋エネルギー) からエネルギーを生産します。 正しい政治的意思があれば、太陽エネルギーへの移行は 15 年以内に 100% 可能です。

作者へ

フランツ・アルト 1938 年生まれの彼は、オープンで、献身的で、型にはまらないジャーナリストであり、作家でもあります。

彼は卒業した 1967年の反乱の年、とりわけコンラッド・アデナウアーについて、彼はSWRで20年間働き、将来の編集チームを率いて、そこで「Grenzenlos」や「Querdenker」などのプログラムを主催しました(当時、それはまだ名誉ある言葉でした) )。

1963年から1988年までCDUのメンバー、 しかし、彼はまた、1982 年のベストセラー「平和は可能である」について何年にもわたって自分のステーションと議論していました。 そしてフランツ・アルトもアマチュアマジシャンです。 ルース

www.sonnenseite.de

早くも 1982 年に、広島と長崎の市長は、彼らの都市での核による大量殺戮が人類によって決して忘れられたり、抑圧されたりすることは決してないと誓い、世界組織「平和市長会議」を設立しました。ベルリン、ミュンヘン、ハノーバー、ケルン、フランクフルトなど、ドイツの 900 を超える都市や地方自治体のリーダーを含め、164 か国の都市リーダーが参加しました。 Forsa の世論調査によると、ドイツ人の大多数は、ドイツの地にまだ保管されている 20 個のアメリカの核兵器を撤去することに賛成しています。

現在3億人以上を代表する「平和首長会議」の目標は、核兵器のない世界! 広島のアキバは楽観的だ。 ヒロシマやナガサキの運命に苦しむ都市は他にあってはなりません。 しかし、この目標を達成するには、さらに多くの都市や町が私たちの同盟に参加する必要があります。 ドイツでも助けてください。 核爆弾所有者の有力な国家政治家に多大な圧力をかけることによってのみ、世界の 14,000 個の核弾頭すべてを今日破壊することができるからです。」

「核兵器で町や村を人質に取っておくことを正当化する理由は少しもありません。」 私たちの子供や孫たちに対する核兵器のない世界へのコミットメントに対する私たちの義務についても考えています。 現在世界に存在する14,000発の核兵器の破壊力は、広島型原爆90万発分に相当します。

核兵器はテロ兵器です。 核兵器で永続的な平和を確保できるというのは、おそらく人類の最大かつ最も危険な妄想です。

著者: Franz Alt Photo. 画像 成虫。
著者: Franz Alt © Eibner/Imago

広島爆撃機パイロットのポール・ティベッツは 2007 年に亡くなりました. 彼の死の少し前に, 彼は言った. 「ええ, 私はもう一度やります. 私はそのために眠れない夜を過ごすことはありませんでした.広島と長崎への原爆投下と大虐殺。

最近、福島市のコハタ ヒロシ市長から、400 人の日本の市長と話をするよう招待されました。 私のテーマは、以前のヒロシマとナガサキと同様、「原子時代から太陽時代へ」でした。 被災した原発から帰ってきた木幡さんに、原子炉の中に入ったらどうなるか聞いてみた。 彼の答え:「数秒後、私は灰になっていたでしょう。」

戦争は人道に対する罪です。 核戦争は、おそらく最後の戦争になるだろう。なぜなら、その後、次の戦争を戦うことができる人々はおそらく残っていないからである. これまで無視されてきた良心への警告は、広島、長崎、チェルノブイリ、福島の 4 つの主要な核災害の教訓を忘れてはならないということです。

日本の市長たちは、自分たちだけでは核兵器のない世界や原発のない世界を作ることはできないと言いました。 そのためには、世界中の多くの同僚のサポートが必要です。 結局のところ、123 の国連加盟国が 2019 年にすべての核兵器の廃絶を求めました。しかし、9 つの核保有国すべてが反対票を投じました。 他の多くのドイツの市長は、連邦政府も核兵器禁止条約に参加する前に、おそらくこれを支持するキャンペーンを行わなければならないでしょう。 このようにして、ドイツは 1945 年以降の歴史から実際に何かを学んでいることを示すことができます。

2,000 年間、古いローマの原則が施行されてきました。 この政策の結果は、2,000 年にわたる終わりのない戦争、虐殺、苦しみです。 これらの経験に基づいて、最終的に次の哲学を発展させる必要があります。 プーチンの戦争の時代には、平和主義は長期的な夢でしたが、それは必要な夢であり続けていることも知っています.

世界の軍事費の 10 分の 1 で、これ以上子供たちが餓死しないようにすることができます。 さらに 10 分の 1 で、すべての子供が学校に通えるようになります。 これらは、現在のように新しい軍拡競争を開始するよりも価値のある目標ではないでしょうか? 私たちがここにいることの意味が憎しみや軍拡競争ではなく、愛と平和であることを最終的に知るのはいつでしょうか?

ヒロシマとナガサキの教訓: イエスが 2000 年前に山上の説教で示唆されたように、私たちは平和と安全を再考する必要があります。 彼の現在の 2 番目の提案は、「父の太陽はすべての人を照らす」です。 「イエスの山上の説教は、原子時代における人類のサバイバルプログラムです」 – ミハイル・ゴルバチョフはかつて、この重い言葉を私に言いました。

詳しくは 市のリーダーの平和イニシアチブについて:

www.mayorsforpeace.de

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。