柔道グランドスラム:日本は東京で無敵

東京グランドスラム:夏季オリンピック以来、日本の首都で最初の主要な柔道大会。 最初の 6 個の金メダルはすべて地元の柔道家に贈られました。

57kgまでの階級では、船久保遥香がホームアドバンテージを使った。 24歳の彼は、同じく日本の世界チャンピオンである吉田司を決勝で破りました。 三笠の友仁内親王からメダルが贈呈されました。

73kgまでの体重のカテゴリーの日本の決勝戦もありました。 橋本壮一vs古賀隼人のカップルでした。 2017 年の世界チャンピオンであり、最近では 10 月の世界選手権で銀メダリストとなった経験豊富な橋本は、同胞に対して残業を余儀なくされました。 そこで強かった古賀が力を失い、橋本が勝った。

ヴィクトル・オルバン首相の首席補佐官であるハンガリーのゲルゲリー・グリャシュ大臣が授賞式を引き継ぎました。

「体落としをすることができた。ちょうどいいタイミングだった。家にいる観客が私を支えてくれているのを感じた」と橋本は語った。

そして再び日本対日本:女子63キロ級で高市美紅が渡辺聖子に勝利。 世界柔道協会会長のマリウス・バイザー氏が金の盾を贈呈しました。

五輪王者長瀬に敗れる

男子81kg級は変わらず 決勝は主催団体の柔道家2人が激突。 小原研哉選手が五輪王者の長瀬隆典選手に勝利。 欧州議会議員のエルノ・シャラー・バロスが賞を授与しました。

新添沙希は70kg級決勝でオーストラリアのエーオイフェ・コフランと対戦した。 ほとんど知られていなかったコフランの東京でのパフォーマンスは大きな驚きだったが、新添を超えることはできなかった。 日本柔道連盟会長の山下泰弘氏が優勝者に敬意を表した。

新添さんは、スタンドからの応援を意識していたという。 そして、彼女はまた、彼女の家から見ている人々のサポートを感じました. それは彼女を大いに助けました、と26歳は言います.

90キログラム:決勝でトリプル

ドイツのエドゥアルド・トリッペルは、男子決勝に 90 キログラムまで到達しました。 しかし、オリンピック銀メダリストは日本の増山浩介に敗れた。 そして、世界柔道連盟執行委員の上村春樹の手から金メダルを受け取った。

東京で日本が6回金メダルを獲得したという発表で、若者たちは熱心に見守るだけでなく、自分たちのスキルを味わいました。 日本の柔道の未来は確かなものです。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です