東京五輪:元公務員が汚職容疑で逮捕

D東京オリンピックが終わって1年以上経つが、スキャンダルは止まらない。 東京地検は19日、解散手続き中の大会組織委員会の元理事である高橋治之容疑者を逮捕した。 78 歳の高橋氏は、日本のスポーツ マーケティング界で最もコネのある男性の 1 人です。 彼は、地元のスポンサーの 1 つである衣料品小売業者 Aoki から 5,100 万円 (4 億ドル) の賄賂を受け取った疑いがあります。 逮捕されたのは、創業者で元会長の青木博典容疑者、弟、取締役ら。

パトリック・ウェルター

東京を拠点に日本経済・政治特派員。

高橋と青木は容疑を否認している。 しかし、この事件は、2030年冬季オリンピックを開催する札幌市の立候補に影を落としており、小池百合子東京都知事は、逮捕が発表された後、「私は非常に失望している」と述べた.

スポンサーはオリンピックにとって非常に重要です

アオキは安いビジネススーツを売っている. 同社は、2018 年 10 月に大会のローカル スポンサーの 1 つとなり、大会のロゴを使用した広告掲載の権利を確保しました。 同社は、オリンピックのエンブレムが付いたスーツを 30,000 着以上販売しています。 青木はまた、日本のアスリートに衣類を提供しました。

スポンサー契約の1年前、高橋氏が創業した会社が青木氏と月額約100万円のコンサルティング契約を結んでいた。 検察は、高橋容疑者が逆にウエットスーツメーカーにスポンサー選定で有利な立場を与えた疑いをかけている。 検察は、青木容疑者の逮捕について「高橋容疑者の権力に大きな期待がかかる」と述べた。

高橋は、組織委員会のために地元のスポンサーを募集した強力な広告代理店である電通の上級管理職でした。 電通は約30億ユーロに相当する異例の多額の資金を調達した。 これは、ゲームのコストである約 100 億ユーロのほぼ 3 分の 1 です。 日本の納税者は、新型コロナウイルスのパンデミック中に無観客で開催された 2021 年のゲームの費用のほとんどを支払いました。 検察はすでに7月、スポーツディレクターの自宅や青木、電通の事業所を家宅捜索していた。

ゲームをめぐる汚職スキャンダルは、今回の事件だけではない。 2016 年には早くも、フランスの検察官は、オリンピックが東京に授与される前に、賄賂の疑いについて捜査を開始しました。 そのため、日本オリンピック委員会の武田恒和会長は 2019 年に辞任しました。その他のスキャンダルはロゴのコピーを中心に行われ、費用が大幅に増加し、女嫌いのコメントによる辞任が急増しました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。