東京はLGBTQパートナーシップを認める規制を採用

昨年末、東京都知事は驚くべきことに、LGBTQ パートナーシップの認定制度を導入したいと発表しました。 政府は現在、最終的な重要な一歩を踏み出し、計画された規制を正式に採用しました。

東京都議会は水曜日にシステム法を承認しました。これは、その実施に支障がないことを意味します。 同性カップルは、10 月中旬からオンラインでステータスを申請できるようになります。 その後、11月から証明書が授与されます。

パートナーシップ制度は本当の問題を解決しない

その後、夫婦の関係は県によって正式に認められ、夫婦と同様の利点が得られます。 18 歳以上で独身であれば、すべてのカップルが証明書を申請できます。 少なくとも 1 人が東京に居住、勤務、または就学している必要があります。 関係に子供がいる場合は、登録することもできます。つまり、正式に両方のパートナーの家族と見なされます。

多くの人にとって、東京はパートナーシップが同性結婚にとって非常に重要なステップであることをすぐに認識するでしょう. 日本は、LGBTQ の人々の結婚がまだ合法化されていない唯一の G7 加盟国です。

日本にはすでに100を超える市町村や一部の都道府県がパートナーシップ制度を持っていますが、証明書は一般的に法的拘束力がなく、発行された場所でのみ有効です. したがって、制度は性的マイノリティにとってほとんど慰めにはなりません。

大きな変化を望む

東京では、日本人の半分以下がシステムにアクセスできるようになり、これは中央政府にとって強力な兆候です. 与党保守政党である自民党は、ここ数年、国民はまだLGBTQの人々の結婚を受け入れる準備ができていないと繰り返し主張してきたが、いくつかの世論調査はすでにそうではないことを示している.

日本で同性婚が合法化されるまでにはまだ非常に長い道のりがあると思われますが、圧力が高まっており、より多くの政治家が再考するよう説得されると考えられています. 大企業は国際的により魅力的であることを望んでいるため、企業の圧力も高まっていますが、性的マイノリティの権利が制限されているため、これは困難です.

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。