日銀は物価上昇を問題視していない

日本の物価は上昇を続けているが、日銀の黒田徳仁総裁は問題ないと見ている。 それどころか、彼は 6 月 6 日の演説で、値上げに対する日本人の許容度が高まっているとさえ言った。

上で 後日レビューする 黒田はそれを受け入れ、彼の発言は不適切かもしれないと答えた。

日銀は緩和的なスタンスを維持する

ロシアのウクライナ侵攻の直接的な結果として、特に食料品の価格が日本でも上昇している。 しかし、日銀は反対せず、これも日本の通貨の下落につながりました。

黒田総裁は6月6日の東京での演説で、金融緩和を追求すると繰り返した。

「現在の焦点は、日本の家計が物価上昇に耐えられるように、可能な限り長く支持的なマクロ経済環境を維持し、来年度から有意義な賃金上昇を実現できるかどうかです。」と黒田氏は述べた。

このスピーチで黒田氏は、東京大学経済学部の渡辺勉教授が行った5カ国の家計に関する調査に言及した。

物価は急速に上昇しているが、賃金はゆっくりと上昇している

昨年の8月と今年の4月に実施された調査で尋ねられた質問の1つは、お気に入りの店がお気に入りの商品の価格を10%上げたらどうするかということです.

黒田氏は、昨年8月の日本の回答者の半数以上が他の店舗に乗り換えると答えたのに対し、4月の調査では回答者がはるかに少なかったと指摘した。

日銀総裁は、寛容度が高まった理由として、パンデミックの際に日本人が貯蓄をため込んでいたという事実を挙げたが、これは仮説的な見方であると付け加えた.

特に最も貧しい人々が物価の上昇に苦しんでいるため、彼の発言はソーシャルメディアで広く批判されています.

日本では、消費者物価指数が 2015 年 3 月以来初めて 4 月に 2% を超えました.対照的に、3 月のインフレ調整後の実質賃金の伸びは、4 月に前年比わずか 0.6% でした.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。