日本 – 安倍首相の暗殺者は宗教的・政治的関係に関係していた

安倍晋三元首相の暗殺者は当初、宗教団体の指導者を標的にしたとされている。 暴行の直後に逮捕された 41 歳の日本人男性は、尋問中に証言したと、日本の通信社共同通信が捜査官から知りました。

男は、金曜日に奈良市での選挙演説中に、3メートルの距離から手作りの武器で安倍首相を後ろから撃った. 彼は安倍に「不満」であり、彼を「殺したい」と思っていた、と彼は言った。 安倍が関係する「ある組織」に恨みを持っている。 . 名前のない宗教団体だ、と彼は言った。

日本のメディアが流した「ある」宗教団体という漠然とした用語は、韓国のセクト創始者故サン・ミョン・ムンの物議を醸している統一教会である可能性があるというインターネットの憶測を煽っている. ムン派としても知られるこの組織は、日本を含む多くの国にメンバーを擁し、保守的な政治的目的を支持しています。 ドナルド・トランプ元大統領や安倍首相のような政治家は、彼女に対して友好的であると考えられています. 国営放送局NHKが土曜日に調査サークルから知ったように、暗殺者は母親が「特定の組織」に参加したことを証言し、彼に多額の寄付をしたとされている.家族を壊した。

警察は攻撃当日、攻撃者の自宅を捜索した。 自家製の銃器が数丁押収された。 失業中の 41 歳の男性は、2005 年まで 3 年間海軍に勤務し、そこで拳銃の訓練を受けたと伝えられています。

暗殺は世界中に恐怖を引き起こしました。 日本は世界で最も安全な国の 1 つと考えられており、銃規制は非常に厳格です。 とりわけ、専門家は現在、現場のセキュリティ担当者が攻撃を防ぐことができなかった理由を疑問に思っています。 同紙の身の安全の専門家は「銃規制が厳しい日本では、銃に対する十分な予防措置が講じられていないと思う」と語った。 日経 引用した。 メディアの報道によると、国家警察当局は現在、著名人のセキュリティプロトコルに欠陥がないかチェックしたいと考えています。

暗殺は、日曜日の国会議事堂の上院選挙の直前に発生しました。 暗殺にもかかわらず、彼らは計画通りに行われるべきだと政府は言った。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。