日本軍は風力タービンに問題を抱えています

防衛省によると、日本の風力タービンは、ミサイルを検出するために必要な自衛隊のレーダーを妨害している。 同省は現在、一部のエネルギー プロジェクトの変更を求めています。

また、政府が洋上風力発電の好立地に指定している特定の地域に発電所を建設しないよう要求することも含まれています。 日本では、2021 年末時点で 2,574 基の風力タービンがあり、拡張をさらに促進する必要があります。

オペレーターは、混乱を避けるために計画を修正する必要があります

同省によると、十カ所以上に問題があるという。 エネルギー事業者はプロジェクトの見直しを命じられており、そのうちのいくつかは洋上風力タービンの建設を目指しています。

しかし日本では、防衛上の懸念から本土でのインフラ建設を禁止する法律はありません。 政府のスポークスマンは、現在の状況は国家安全保障を損なう間違いである可能性があると述べた.

同省によると、FDS のレーダーは電波を放出し、それが物体に反射して、これらの物体の位置を突き止めることができる。

風力タービンは、多くの場合、ロケットや飛行機と見分けがつきません

大型の風力タービンは、電波に干渉したり、反射信号が大きくなったりするため、ロケットや飛行機との区別が難しくなります。

陸上風力タービンは、ほとんどが海岸または山岳地帯に設置されており、その一部はレーダーの範囲内にあります。 スピードカメラは全国に28カ所設置されています。

一部のシステムは高さが 100 メートルを超えるため、特にレーダー システムに干渉する可能性があります。 一部の施設は、過去に気象庁の気象観測を妨害したことが知られています。

経済産業省にとって、洋上風力タービンは、日本の再生可能エネルギーの拡大にとって特に重要です。 合計 5 つのエリアがオフショア設備の使用のために指定されています。

しかし、日本の防衛省は現在、青森県沖の特定の地域に設置された風力タービンが地対空ミサイルレーダーに干渉する可能性があるため、使用しないことを要求しています.

北朝鮮は今年、青森沖の海岸近くにミサイルを着陸させたものを含むいくつかのミサイル実験を実施し、中国とロシアの飛行機も日本にますます近づいているため、外務省は早期発見がいくつかの不可能なケースを妨げる可能性があることを懸念している.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。