日本料理7品

  • 日本食はとてもヘルシー
  • 海苔、そば、緑茶
  • 納豆・みそ・枝豆など、大豆を使ったヘルシーなもの

世界的な研究と栄養科学の研究は、日本人がバランスの取れた健康的な食事をしていることを繰り返し指摘しています. 彼らは身体的および健康上の問題がほとんどなく、平均余命も非常に長いです。 しかし、どんな食べ物が料理を健康的にするのでしょうか? その7つを紹介します。

海苔・そば・ココア

日本の食生活は西洋の食生活とは大きく異なります。 日本では、人々は主に米と麺、野菜とタンパク質を多く食べますが、果物と乳製品はほとんど食べません. 海藻も毎日の食事の一部です。 多くの製品は非常に高品質で栄養素が豊富です。

  • 緑茶: 緑の葉の成分を議論し、それらに含まれる苦味物質の有益な効果を調べる研究が現在あります. 糖尿病や心血管疾患を予防すると言われています。
  • 蕎麦: そば粉から作られたこれらのグルテンフリーの麺は、本物のタンパク質爆弾です. とりわけ、菜食主義者は、ビタミン B6、マグネシウム、亜鉛などの貴重な成分を高く評価しています. さらに、そばにはアミノ酸のリジンも含まれており、爪や髪の健康な成長をサポートします。
  • 藻類: 海苔、わかめ、ひじきのいずれであっても、海藻には貴重なオメガ 3 脂肪酸が豊富に含まれており、抗酸化作用があります。 ただし、ヨウ素が多く含まれているため、使用量は控えめにする必要があります。
  • ダイコン: この低カロリーの大根は、サラダや寿司の付け合わせとしてよく使用されます。 ビタミンC、葉酸、カリウムが豊富です。

これらの日本食は通常、デリカテッセンやアジアのスーパーマーケットで見つかります。

納豆・みそ・枝豆など、大豆を使ったヘルシーなもの

大量の野菜と炭水化物に加えて、あらゆるバリエーションの大豆製品が特に人気があります。 これらは多くの健康上の利点を提供します:

  • 味噌: 日本の多くのスープに使われている醤油ベースの調味料ペーストです。 それは非常に芳香があり、腸の健康に貢献する有益なバクテリアでいっぱいです.
  • えだまめ: 枝豆はしばしば蒸して海塩を添えます。 寿司屋などでよく見かける、シンプルながらもヘルシーな一品です。 特に出産を希望する女性や妊娠中の女性は枝豆を好んで食べます。100 グラムで 1 日の葉酸の必要量がすでにカバーされているからです。
  • 納豆: この食品は、大豆から作られた柔らかくて粘り気のあるおかゆです。 匂いと見た目は慣れが必要です。 そのまま食べたり、ご飯と一緒に食べたりと、栄養満点です。 何が特別なのかというと、お粥がナットウキナーゼと呼ばれる特別な酵素を生成する発酵プロセスです。 これは、ビタミンK含有量(骨の健康に良い)が大幅に増加するという事実に責任があります. これにより、納豆はビタミンKの最も豊富な供給源の1つになります.

さまざまな健康食品を自分で試してみてください 日本料理 レストラン ツアーや料理本からインスピレーションを得て、たくさんの新しいレシピを見つけてください。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。