日本政府が国会で特別会期を招集

日本政府は8月3日から6日まで特別国会を召集した。 その理由は、新しい貴族院議長の選挙と、今月初めに暗殺された安倍晋三元首相の追悼のためです。

安倍政権で環太平洋自由貿易協定(環太平洋自由貿易協定)担当相を務め、首相の側近だった甘利明氏が8月5日の国会で追悼演説を行う。

政府は、前回の選挙後、最初の特別セッションを招集します。

7月10日の総選挙で与党が過半数を獲得して以来、臨時会期は初めて。

会期中、上院は新しい議長と副議長を選出します。 政府は火曜日、両院の運営委員会のメンバーにタイムテーブルを通知した。

岸田文夫内閣は、9 月 27 日に安倍首相の国葬を執り行うことを決定した。

安倍首相の国葬をめぐる論争

野党は、政府が全額国費で葬儀を行う理由を説明するための特別会期を求めている。 国葬も国民から批判されている。

国葬は日本では珍しい。 最後は1967年、第二次世界大戦後の米国主導の連合軍によるサンフランシスコ占領を終結させるサンフランシスコ平和条約に署名した吉田茂元首相だった。

日本では、参議院の議席の半数を入れ替える選挙が3年ごとに行われます。 特別総会は、選挙後に開かれなければなりません。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。