日本人男性が実用的な計算アプリを開発

成功した「ツイン電卓」。 は、互いに独立して計算を実行できる 2 つの画面を提供します。 特別な機能として、左の計算結果は矢印キーを使用して右に移動できます。 このようにして、多段階の計算も実行できます。

上田博之氏が定年退職後、iPhone・iPad向けに開発した便利なアプリです。 兵庫県西宮市在住。 最初は、アプリのダウンロード中に問題が発生しました。 しかし、この問題を修正した後、ユーザー数は急増しました。

並列処理

電卓の利点は明らかです。左側の計算結果は右側の電卓で使用できますが、左側の計算は同じままです。 このようにして、エラーをより迅速に検出でき、計算ステップを簡単に追跡できます。

しかし、この便利なアプリでさまざまな独立した計算を実行することもできます。 これにより、スーパーマーケットでグラムあたりの最も安い製品を見つけるなど、価格の比較が容易になります。

発明者上田は、機械設計を学び、自動車エンジニアリング会社で長年働いていました。 トランスミッション部品の設計などに携わり、60歳で退職。

人々の日常生活に便利

その後、彼は実用的なものを発明することに時間を費やしたいと考えました。 iPhone ファンとして、彼は Swift プログラミング言語を学び、計算機に目を向けました。電卓は人々の生活において非常に重要な役割を果たしているからです。

便利な「Twin-Calc.」アプリはこんな感じ。 画像:MS

それらは言語の壁に悩まされない普遍的なツールです。 約 4 年前、彼のコンピューター アプリケーションのアイデアが形になり、2021 年にようやく開発を開始しました。 彼のアイデアは当時の市場では新しいものだったので、彼はこの機会にソフトウェアを開発しました。

9ヶ月の開発期間

小数を入力するとき、彼は予想外の問題に遭遇しました。 これは、ユーザーが異なる方法で文字を入力するためです。 0.5 を意味する場合は、小数点をタップしてから 5 をタップするだけの人もいます。 上田は、これらの特定のケースが彼にもたらした仕事を覚えています。

アプリの開発には 9 か月かかり、最終的に 2022 年 5 月にリリースされました。8 月に改訂版がリリースされましたが、それでも 2 つの画面が表示されていました。 アプリの価格は、アップグレード版で 490 円、基本版では無料です。

他人へのインスピレーション

9 月 8 日現在、有料版は 56,800 人、無料版は約 5,000 人がダウンロードしています。 上田氏は、これに大きな需要があると考えています。 現在、アプリケーションには横画面が必要なため、1 つの縦型電卓に 2 つの電卓を表示できるようにしたいと考えています。

発明者は、彼のサクセス ストーリーが他の人、特に残念ながら技術に精通していない同年代の人々に刺激を与えることを望んでいます。

Nishikawa Katashi

「Web オタク。情熱的なトラブルメーカー。オーガナイザー。アマチュア コーヒー マニア。ゾンビ マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。