日本人の平均寿命が初めて低下

日本の平均寿命は2021年に10年ぶりに低下しました。

うるさい 保健省のデータ 平均余命は、女性が87.57歳で2019年より0.14年短く、男性が81.47年で0.09年短かった。

日本人の平均寿命が最後に落ちたのは2011年

日本で平均寿命が最後に減少したのは 2011 年で、大規模な地震、津波、福島第一原発のメルトダウンが原因でした。

同省の広報担当者は、パンデミックが平均寿命に大きな影響を与えたと述べた。 特に男性では、コロナウイルスが減少の主な理由です。

同省によると、女性の平均寿命は低下しているにもかかわらず、日本は依然として首位であり、続いて韓国の 86.5 人、シンガポールの 85.9 人である。

男性では、平均寿命が 81.6 歳のスイスと 81.59 歳のノルウェーに次いで、日本が 3 位でした。

平均余命とは、死亡率が 1 年間変化しないと仮定した場合に、人が生まれたときに期待される寿命です。

女性の大半は75歳まで生きる

同省は、昨年生まれた日本人女性の 88.3% が 75 歳以上であるのに対し、男性は 76.0% と推定している。

2020年の平均寿命は日本人女性の平均寿命が最も長く、男性の平均寿命は2番目に長かった。 どちらも記録的な値に達しました。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。