日本は電力供給問題を制御しようとしています

電力供給の問題を回避するために、日本政府は人々に節電を呼びかけることに飽きることはありません。 停電はこれが初めてではなく、常に停電が発生しています。

今回の熱波は、物資への圧力が高まったことを意味します。 応急処置として、老朽化し​​た火力発電所を稼働させる予定ですが、計画がうまくいくかどうかは疑問です。

ロシアの侵略が主な理由ではない

現在の電力問題の原因の一つはもちろんロシアのウクライナ侵攻ですが、それだけが主な理由ではありません。

2011 年以降、多くの原子力発電所が停止され、一部の再起動の試みはより厳しい規則のために失敗しました。 同時に、一部の老朽化した火力発電所が閉鎖されました。 しかし、それが何らかの問題を引き起こすことは忘れられており、日本は再生可能エネルギーの拡大に遅れをとっています。

現在、日本では選挙運動が行われているが、どの政党も実際にこの問題に取り組んでいないようだ。 一部の政党は、選挙マニフェストで原子力発電所の稼働を再開したいと述べていますが、明らかに長期的な解決策を持っていません。

原子力は食糧問題を解決するはずだ

ドイツも同様の問題を抱えていますが、ガスに関してです。 ロシアは蛇口を閉め続けており、ドイツ政府は 何年もロシアのガスに依存しすぎている. これを含む解決策に取り組んでいます 石炭に戻りたい冬の最悪の事態を避けるために。

しかし、今再び化石燃料が使用されれば、2050 年までに温室効果ガスの排出をゼロにするという目標は、当面は埋もれてしまう可能性があります。 特に、再生可能エネルギーの拡大に対して完全に眠っていたことを明確に示しているためです。

もちろん、今日、原子力発電所は解決策であると言えます。結局のところ、原子力発電所は温室効果ガスを排出しませんが、非常に危険な廃棄物を排出します。 チェルノブイリとフクシマも、ミスをするとどうなるかを示しました。

それにもかかわらず、たとえば日本の自民党は、原子力発電所を最大限に活用すべきだと言っています。 2011 年以来、PLD の選挙マニフェストに定期的に出てきた、原子力エネルギーへの依存を減らすという要求は、もはや理解できません。

いくつかの問題を引き起こす短期的な解決策

さらに、原子力エネルギーは短期的な解決策にすぎません。なぜなら、日本では安全規制が強化されたため、事業者のコストが急騰しており、日本での鉛筆燃料の貯蔵にはまだ解決策がないからです。

もちろん、再生可能エネルギーは、エネルギー供給の問題との闘いにおける万能薬ではありません。 ただし、他のエネルギー源に再び目を向けると、拡張はさらに遅くなります。

したがって、国はまだしばらく電力供給の問題に直面する必要があるため、当面の現在の解決策は、可能な限り電力を節約することです。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。