日本は病院を解放しようとしています

現在のコロナの波は、病院の過負荷など、日本でますます問題を引き起こしています。 したがって、保健省は、コロナ感染の軽度の症状しか示さない人々が65歳未満で基礎疾患がない場合は、医師の診察を受けないように呼びかけています.

「限られた医療資源を効果的に配分し、それを最も必要としている人々が医療サービスにすぐにアクセスできるようにするために、私たちは国民の助けを求めています」と彼は付け加えた. 後藤茂行厚生大臣.

入院はなるべく避ける

保健省は 7 月 22 日に、症状がなく、検査のみを希望する場合は、病院の救急外来に行かないように求めていました。

発表されたばかりの声明には、ウイルスに感染した疑いのある人がいつ救急医療や外来サービスを求めるべきかについての専門家の推奨事項が含まれています。

症状が軽い人は、65 歳以上、病状がある、または妊娠している場合を除き、検査や投薬のために病院に行くべきではありません。

都道府県を指定する必要があります

この声明では、患者が青ざめている、意識がない、または少し動いた後に呼吸が困難な場合は、救急車を呼ぶことも勧めています。

厚労省はまた、専門家のアドバイスを参考に、病院の訪問に関する新しい規則について住民に知らせるよう都道府県に命令を出しました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。