日本は渡航警告を緩和

日本は木曜日に36か国への渡航警告を緩和し、不要不急の渡航を控えるよう勧告しなくなりました。

日本の外務省は、米国、英国、カナダ、香港、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシアを含む国々の警告をレベル 2 からレベル 1 に引き下げました。 日本国民はもはや旅行を思いとどまることはありませんが、気をつけてください。

レベル 2 の渡航警告は引き続きドイツに適用されます

ヨーロッパ、中東、アフリカの 6 か国を含む、さらに 15 か国の旅行警告がレベル 3 からレベル 2 に引き下げられました。これは、旅行に対する警告を続けています。

外務省が書いてる プレスリリースでそれについて「全体として、世界的に新規感染者数と死亡者数は減少傾向にあり、重篤な症状を発症して死亡するリスクは減少しています。」

渡航警告レベル 2 は引き続きドイツ、フランス、イタリア、およびその他 32 か国に適用され、警告レベル 3 は引き続き 41 か国に適用されます。

日本の国境は観光客に開放されます

旅行警告の変更とは別に、日本は木曜日に6月10日から再び観光客を入国させることを決定した. ただし、当初はガイド付きのグループ旅行のみで、厳しい条件の下では個人旅行は依然として除外されています。

この決定に先立って、4カ国からの小さな旅行グループによるテストが行​​われ、米国からの7人による最初の旅行グループが火曜日に始まりました.

さらに、6月初旬には、入国が許可される1日の上限が20,000人に引き上げられ、新しい検疫規則が適用されます。 新しい規制では、すべての国が 3 つのカテゴリに分類され、カテゴリに応じて、入国時に異なる検査および検疫規制が適用されます。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。