日本は治安が心配

北海道はすでに中国の32番目の省ですか? 日本の北の島はほとんど中国の手にある。 中国の大手企業が長年にわたり投資してきただけでなく、企業や土地も買い占められています。 漢字はすでに家の壁のいたるところに見られます。 中王国には淡水がほとんどないため、中国は特に水源の購入に関心を持っています。 しかし、北海道は、日本の安全保障を弱め、中国の安全保障を強化する多くの側面の 1 つにすぎません。 これに加えて、台湾と日本南部の尖閣諸島をめぐる論争がエスカレートしている。

2049年までに台湾と「再会」?

中王国は、2049 年に共産党が中国本土を乗っ取ってから 100 周年を迎えるまでに、台湾と「再会」したいと考えています。それまでに、中国は支配的な軍事大国になりたいと考えています。 日本は西側の主要国とともに、中国と日本の間の緊張を長期にわたって高めてきた台湾に保護を保証している。 米国のバイデン大統領は最近、中国の攻撃に備えて米国が台湾を支持すると宣言した。 日本は特に財政的に関与しており、1月には、台湾近くの日本の南西群島に米軍を駐留させるために、今後5年間で約90億ドルを費やすことを規定する契約に署名した. 日本の安倍前首相は昨年、中国が台湾を攻撃すれば日本との戦争も意味すると中国に語った。

北京の反応は、日本は中国人の決意と強さを過小評価してはならないというものでした。 日本の多くの意思決定者は中国に関与しており、中国人女性と結婚していることが多いため、現在の大統領は気まぐれです。 これに対する日本人のことわざは「ハニートラップとマネートラップ」です。 西側諸国にも同様のつながりがあります。親中国派のイギリスのデービッド・キャメロン元首相は現在、ヨーロッパのシルクロードで中国人給与で働いています。

日本には自衛隊しかない

しかし、中国との戦争が発生した場合の日本の介入がどのように見えるかは、常に日本の弁護士に関係があります。 日本は自衛隊しか持っていませんが、アメリカとの同盟により、自衛隊はより強力になるはずです。 しかし、日本列島に米軍基地があるため、日本はいずれにせよ戦争の可能性がある。沖縄は約 80,000 人の兵士を擁するアメリカ以外で最大の軍事基地である。 日本とオーストラリアの間の新しい軍事関係も計画されています。 日本と台湾が同盟国の助けを借りて、最終的に中国に対して十分に強くなるかどうかはまだ分からない。 それに伴い、中国に比べて日本の別のホットスポット、南尖閣諸島が来ます。 この群島には草と小石しかなく、それ以外は完全に空です。 それにもかかわらず、何年もの間、島々に暴力的な殺到がありました。

中国海軍の艦艇は、ここ東シナ海で漁船を含む日本の船舶に繰り返し衝突しており、中国の空母もこれらの海域を繰り返し航行している。 島の所有権は長い間争われてきました。 第二次世界大戦後、日本は台湾を中国に割譲することを余儀なくされましたが、南西諸島、琉球諸島、尖閣諸島は当初、米国の管理下にありました。 アメリカが尖閣諸島を日本に返還したのは、1971 年 6 月 17 日でした。尖閣諸島は 1895 年以来、日本が主権領土として所有していました。 当時、8 つの島の一部は日本人の所有物でした。 日本が 2012 年に個人から 3 つの島を購入したとき、中国との緊張が高まった。これらの島々は、石油と天然ガスのより大きな埋蔵量が疑われ、漁場が生産的であるため、今日も暑くなっている。 中国と台湾の両方がこれらの島々を主張しています。

日本は中国の巨人にどう立ち向かうのか?

日本は現在、国家安全保障戦略をより正確に定義したいと考えています。 国は、中国の巨人にどう立ち向かうかを考える必要があります。 日本の「日経アジア」が報じたように、中国軍は日本の 3.7 倍の近代戦闘機、1.5 倍の戦艦と 2.5 倍の潜水艦を保有している。 太平洋における米軍との日本の協力でさえ、もはや中国の軍事力に勝るものではありません。 日本は平和的な紛争を望んでいますが、中国と米国の間の軍事紛争が発生した場合、アメリカの軍事基地を持つ日本は確かにそこにいます. 東アジアにおけるアメリカの覇権が弱まるにつれ、日本は外交を強化する一方で、より攻撃的な姿勢を取る必要があるだろう.

Tagespost の印刷版は、die-tagespost.de のニュースに背景情報と分析を補足します。

Takagi Toshiko

「熱心なコミュニケーター。一般的なアルコール ファン。受賞歴のあるライター。ウェブ オタク。情熱的な音楽の実践者。邪悪なポップ カルチャーの伝道者。旅行の第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。