日本は来年の防衛予算に上限を設けない

日経新聞のように 報告、日本は来年度の予算で防衛費の上限を設定することを控える意向です。 このステップにより、日本政府は、中国との緊張の高まりに直面して防御を拡大したいと考えていることを示しています。

日本政府は通常、支出が増えすぎてすでに苦戦している日本の財政に負担がかかるのを防ぐために、省庁から要求された支出に制限を設けています。

予定経費のため上限なし

ただし、次期予算では、日本政府は、長距離ミサイルとサイバーセキュリティ研究への支出を増やす予定であるため、上限を設定することを望んでいません。

この動きにより、日本政府は自民党の提案に応じて、防衛費を日本の国内総生産 (GDP) の 2% に 5 年以内に引き上げることができるようになります。

これまでのところ、年間の国防費は GDP の約 1% に制限されています。

これまでのところ、日本人は軍国主義への移行を恐れて支出の増加に抵抗してきた. しかし、ロシアのウクライナ侵攻は、日本の世論を一変させた。

政府の立場は目的を達成するのに十分強い

6月に発表された年次経済政策計画で、日本政府は今後5年間で防衛費を大幅に増加させると述べ、支出増加のタイムテーブルを初めて示した。

日本政府の立場は、先週の選挙によって強化され、この目的を達成しやすくなりました。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。