日本はポイント制度を利用して人々の電気料金を削減したい

日本の岸田文夫首相は火曜日、国民の電気料金を引き下げる意向を表明した。 岸田氏によると、彼の政府はエネルギー節約に報いるポイントシステムを計画しており、ポイントはその後使用することができます 請求額を下げるために使用されます.

物価上昇に関する作業部会の最初の会議で、岸田氏は、ロシアのウクライナ侵略によって加速したエネルギーと食料価格の高騰に取り組むことで、人々の生活と経済を守ることを約束した.

電気料金の削減も目先の対策で計画中

日本の首相は、電気料金を削減するためのポイント制度の設定に加えて、小麦、肥料、飼料、エネルギー価格の高騰に対処するために、13 兆円 (約 900 億ユーロ) の緊急対策を迅速に実施することも発表しました。

経済産業省によると、最近の消費者物価の上昇は、エネルギー、生鮮食品、その他の基本的な必需品の価格上昇によるものです。

来年3月から最低賃金が上がる

商品やサービスの価格が上昇する中、岸田氏は会議後の記者会見で、政府は今年度中に平均最低賃金を少なくとも1,000円に引き上げることを目指していると語った.ここでは来年3月.

電気料金の削減制度に加えて、エネルギー供給事業者が節電効果の高い事業者から節電した電力の一部を買い取る制度も予定されています。

さまざまな調査によると、大多数の日本人は物価上昇に対する政府の対応に不満を持っています。 来るべき参議院選挙でも、この議題は各党にとって最も重要な選挙課題の1つになるはずだ。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。