日本はウクライナからの難民に財政援助を提供します

日本政府は、日本に逃亡し、180日間友人や家族がいないウクライナ人への財政支援を決定しました。

計画では、実際には 6 か月後、つまり 9 月にサポート プログラムを終了する予定でした。 しかし、ロシアのウクライナ侵攻が長引いているので、日本に長期滞在することになります。 最終決定は9月に予定されています。

1,380 万ユーロの財政援助が利用可能

日本の出入国在留管理庁は、財政支援の延長を検討します。 6月28日、難民支援に充てられる2022年度予算として、約19億円が閣議決定された。

日本は3月2日からウクライナ人を「避難者」と呼んで受け入れている。 これは、彼らが「亡命希望者」とは見なされず、入国後 1 年間働くことができる特別な就労ビザを受け取ることを意味します。 さらに、彼らは難民の地位を持っていないため、入国が容易です。

さらに、国内に家族や友人がいない人々は、政府から日常生活費の財政支援を受けています。 日本に友人や家族がいるウクライナ人は、地方自治体や日本財団の支援を受けています。

これまでに1,740人のウクライナ人が日本に来ました

日本の入国管理局によると、8月17日現在、1,740人がウクライナから来ました。 入国した、そのうち 152 人には、政府から経済的支援を受けている家族や友人がいません。 ただし、日本政府が個別に支援を決定するため、より多くの人が現金給付を受ける可能性があります。

さらに、企業がウクライナ人を雇う場合、助成金が支給されます。

Nagano Mamoru

「プロのアルコール中毒者。ゲーマー。認定探検家。アマチュア コーヒー愛好家。不治の音楽オタク。一般的な食中毒者。トラブルメーカー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。