日本の秘宝 – 山鹿の八千代座

能でも落語でも歌舞伎でも紙芝居でも人形劇でも。 何世紀にもわたって発展してきた演劇芸術は、日本文化において高い優先度を持っています。 演技の全盛期には、印象的な劇場の建物が全国に建てられました。 多くは時間の経過とともに姿を消しましたが、生き残ったものもあります。

日本で最も優れた歴史的な劇場の 1 つは、九州の南の島にあります。 より具体的には、 熊本県首都の保存状態の良い同名の城、ドラマチックな景観の阿蘇火山、インターネットで有名なマスコットのくまモンで最もよく知られています。

郵便局から商業都市へ

熊本市の北は山鹿。 約 50,000 人の住民が住むこの場所は、森林に覆われた山々に囲まれたにぎやかな小さな町です。 偶然に山鹿から離れることはほとんどありません。電車の接続はありません。日本では非常に異例で、バスか自家用車でしか街に行くことができません。 しかし、ここには非常に特別な文化財が隠されています。

そのルーツは街の歴史にあります。 1603 年から 1867 年までの江戸時代、日本は 200 年以上にわたって徳川家の支配下でほぼ平和でしたが、山鹿は郵便局として機能していました。 大量の郵便物と貨物輸送は、小さな町に繁栄と富をもたらし、武士の時代の終わりも生き延びました。 明治維新の一環として徳川将軍が失脚し、天皇が国家元首として復活した後も、山鹿は地域の物資の流れの中心であり続けました。

山鹿の劇場棟外観。 写真:MS

街に何かが欠けていると最終的に判断したのは、街のボランティアのグループでした。それは、近代的な劇場です。 そこで、20 世紀の初めに、彼らは西洋から新たに入手可能な材料と技術を使用して、賭博場を建設し始めました。 劇場の設計は、ボランティアの一人である木村亀太郎に依頼されました。 彼は決して建築家ではなく、実際には運送業者でした。 仕事の一環として、彼は劇場がどのように建てられたかを研究するために日本中を旅しました。

八千代座で東西の建築技術が融合

彼は自分の知識と外国貿易によって開かれた機会を組み合わせました。 その結果、印象的な 2 階建ての建物が生まれました。 八千代座1910年竣工の八千代座は、外観は和風ですが、屋根は洋風建築の技法を用いており、日本の伝統的な木造建築にありがちな内部の柱はありません。 代わりに、大規模なオープン オーディトリアムを作成できます。 客席は畳敷きのやや傾斜のある床で、後列からも舞台がよく見えるようになっています。

繰り返しますが、これは技術的な傑作です。 それは、アーティストがハッチからステージに運ばれる手動の木製エレベーターを隠しているだけではありません。 回転することもできるので、クリエイティブでダイナミックなシーンの変化が可能です。 これに必要なレールシステム用にドイツ製の車輪を購入しました。これはステージの下にあり、そこでも手動で操作されます。

八千代座のメインステージ
やちよ座の舞台、舞台の回転部分がよく見えます。 写真:MS

八千代座は照明にもさまざまな技法を組み合わせて使用​​しました。 第二次世界大戦中に産業のために銅が没収された西洋のシャンデリアと並んで、すりガラスと紙のドアを通して、外からの光が 2 つのレベルで拡散されます。 劇場の壁には色とりどりの提灯が並んでいます。

八千代座の天井もすべてが揃っており、歴史の展示板としての役割を果たしています。 客席から見上げると無数の青い天井タイルが見え、山形の歴史ある商店街の広告がずらりと並んでいます。 数十年にわたり、印象的な劇場の建物は、歌舞伎やその他の演劇、コンサートに参加するために世界中からゲストを魅了してきました。

閉鎖 – 腐敗 – サルベージ

しかし、第二次世界大戦後、日本のエンタテインメントの風景は一変しました。 ラジオとテレビの出現により、演劇はますます重要ではなくなりました。 そして、大都市の劇場が需要の減少にもかかわらず独自に維持することができたところで、八千代座はゆっくりと、しかし確実に勢いを失いました. 1973年、劇場は閉鎖されなければなりませんでした。 私たちが恐れていた町では、ついに。

しかし、山鹿の年配の住民の中には、それを我慢したくない人もいました。 ボランティアが集まって劇場を建てたように、彼らは今、劇場を救うために集まっています。 彼らは、かつては街の誇りであった 10 年前の衰退した劇場に世間の注目を集めました。 彼らは、放棄された建物を改築するために、特に「タイルを購入する」キャンペーンで資金を調達しました。

舞台の下をのぞく
舞台の地下。 そこから回転させることができ、写真の左側にある手動式のステージ リフトです。 写真:MS

彼らの努力は成功を収めました。屋根を修理するのに十分な資金を集めることができただけではありません。 八千代座の歴史は、劇場に重要な国宝の地位を与える政府のレベルにも達しました. これにより、その後の全面改装への道が開かれ、その後、劇場は最終的に再開されました。 2020年、大雨でステージの下部構造が浸水しましたが、数か月で修復されました。

現在、八千代座は観光客や地元住民から絶大な人気を誇っています。 もはや現役の劇場としてだけでなく、歴史的建造物としても。 試合の日には、劇団による伝統的な芝居が行われ、明治時代の雰囲気をお楽しみいただけます。 試合日以外は、ゲスト自身がガイド付きツアーの一環としてステージに立ち、下にある洗練された機械を見学することさえ許されています。 この機会を与えてくれたのは、一度ならず二度も劇場を活性化させた山鹿の人々の献身的な努力のおかげです。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。