日本の救急車が事故現場で負傷者を降ろす

日本の尼崎市の救急車は、負傷した男性を墜落現場に急行させ、病院がコロナウイルス陽性を検査して入院を拒否した後、彼を捨てました。

神戸市出身の 21 歳の男性は、2 時間後に別の救急車で病院に運ばれ、足の骨折と診断されました。

コロナ陽性で治療なし

尼崎市消防局代表 それについて言った:「コロナの影響で救急車の要請が増えており、できる限りのことをしております。」

事故は8月5日、国道2号線でバイクと衝突した。 被害者と一緒に別のオートバイに乗っていた友人が、すぐに救急車を呼んだ。

男性は発熱があったため、救急車でコロナ検査を行ったところ陽性反応が出たため、病院は男性の入院を拒否した。 救急隊は、彼の怪我は緊急治療を必要としないと判断しました。 したがって、救急隊員は事故現場に戻り、そこで若者を降ろしました。 救急隊によると、男性は同意していた。

しかし、男性は首と腰に痛みを感じた。 そのため、父親は事故現場から8月6日午前2時頃に別の救急車を呼んだ。 救急車で兵庫県西宮市の病院に搬送され、足の骨折と診断された。

病院内の場所を見つけるのにますます問題が発生しています

コロナウイルスの第7波の間、尼崎での救急搬送のケースが増加しています。 7 月 1 日から 8 月 11 日までの救急車の搬送数は 4,538 件で、昨年の同時期より 939 件多くなっています。

全国で、ますます多くの救急車が病院で場所を見つけるのに苦労しています。 あるケースでは、病院が患者を受け入れる準備が整うまでに 35 時間強かかりました。

Nishikawa Katashi

「Web オタク。情熱的なトラブルメーカー。オーガナイザー。アマチュア コーヒー マニア。ゾンビ マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。