日本の政党は出生率の問題を忘れている

日本では、参議院選挙の選挙運動が開始され、政党は約束を持って運動会を行っています。 しかし、見過ごされている問題が 1 つあります。出生率は現在、最低水準に達しており、実際には国にとって大きな問題となっています。

7 月 10 日に予定されている選挙は、国防と物価の高騰の問題に支配されており、他のすべての問題は現時点ではあまり注目されていません。

出生率は日本で最も差し迫った問題の 1 つです

しかし、専門家は、出生率の問題は日本で最も差し迫った問題の 1 つであり、政党はより多くの人が子供を持つことを選択できる環境を作るために努力しなければならないと警告しています。

日本政府は最近、家族や子供に影響を与える問題に対処するための新しい機関を設立することを決定しました。 さらに、日本の岸田文夫首相は、子供たちへの税金支出を倍増すると約束した。 しかし、彼は具体的な計画を挙げておらず、資金が実際にどこから来るのかについては言及されていませんでした.

日本はお金に関してはもっと緩い傾向にあります。 これは、パンデミックとロシアのウクライナ侵攻によって実証されました。 非常に迅速に、政府は特に経済を支援することを目的とした補助金を設定しました。 しかし、出生率などの他の問題に関しては、人々はそれほどお金を使うことに熱心ではありません。

低い記録が次を追いかける

国の出生率は何年にもわたって低下しており、新生児数は2021年に史上最高の811,604人にまで減少したため、数年後にしか予想されていなかったレベルに達しました.

国内の出生数を再び増やすために、日本は多くの問題を克服しなければならない、とリストは続く。 日本政府は長い間、子供を育てる費用のほとんどを親が負担できると考えてきたため、この分野への投資はほとんど行われていません。

実際、日本は強い声を出した OECDデータ 2017 年現在、家族の国内総生産の約 1.8% であり、平均を大きく下回っています。

しかし、家族の経済状況は何年も悪化しています。 賃金水準は停滞しており、当面は円安により日本は実質的に低賃金国となる。 さらに、物価は上昇し続けており、それが貧困を増大させています。 多くの家族は、単に子供を産む余裕がないという理由で、子供を持たないことに決めています。

冷たい社会が抑止する

もう 1 つの問題は、冷たい社会です。子供は生産的ではないため、社会の貴重なメンバーではありません。 多くの人にとって、子供を育てることは依然として女性の仕事であり、男性が養育費を支払うことなく家を出て家族との関係を断ち切ることは非常に簡単です. シングルマザーも高く評価されておらず、この社会集団では貧困率が特に高い.

本当のレシピにはパーティーがなく、近年取られたすべての対策は効果がないように見える、とデータは示しています. しかし、日本政府が何もしなければ、人手不足など多くの問題が深刻化します。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。