日本の患者は入院するために35時間待たなければなりませんでした

日本でのコロナ感染者数の増加は、治療する病院を見つけるのに苦労している患者がますます増えていることを意味します。

によると 東京消防庁 患者は、入院するまでに 35 時間 47 分待たなければなりませんでした。

過去の記録を大幅に上回る35時間

消防署のスポークスマンは、最新の症例は、昨年夏の感染の第 5 波の間に記録された 23 時間 35 分を超えたと述べました。

患者は新型コロナウイルスの陽性反応を示した60代の男性。 男性は、感染症と足の怪我の両方を治療できる病院に運ばれなければなりませんでした。

入院中のコロナウイルス患者の数は、ウイルスの第7波が日本で広がり始めた7月初旬以来、東京で急増しています。

6 月 27 日から 7 月 3 日までは 131 件でしたが、8 月 1 日から 8 月 7 日までは 6 倍の 780 件になりました。

人々は入院するまでにますます長く待たなければなりません

これらの患者のうち、88 人は病院に搬送されるまでに 5 時間以上待たなければならず、100 人の患者では少なくとも 3 時間かかりました。

494 人の患者で、待ち時間は 1 時間以上 3 時間以下で、98 人の患者では 1 時間未満でした。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。