日本の労働力不足は不公平なビジネス戦術につながる

日本では人手不足により、企業間で大卒者の採用競争が激化している。 しかし、一部の人々は現在、抜本的で不誠実な戦術に訴えています。

日本でのパンデミックの間、新規採用者は大幅に減少しましたが、商品やサービスの需要が回復するにつれて、現在非常に急速に回復しています。 国の人口問題と相まって、労働市場での競争はかなり激化しています。

圧力による労働力不足への取り組み

6月1日、来春卒業予定者の面接が始まった。 しかし、人手不足のため、多くの企業は潜在的な従業員を早期に採用して、彼らを維持することを望んでいます. ただし、これは合意であり、在学中は法的に拘束されるものではありません。

しかし、候補者がまだポジションを受け入れるかどうか確信が持てない場合、ますます多くの企業がプレッシャーに訴えています。

東京の私立大学を卒業しようとしている 21 歳の学生の事例が示すように、例はたくさんあります。 彼女は、大規模な小売チェーンを含む多くの企業に自己紹介しました。

彼女は昨年 12 月に非公式の求人を受け取り、小売業者の要求に応じて、3 月に他の企業には応募しないことを約束する手紙を書きました。

しかし、その間、彼女は希望する企業から内定を受け取り、別の企業に内定を辞退する意思を伝えました。

採用マネージャーは、彼女が会社へのコミットメントについて嘘をついたのか、そのコミットメントが何を意味するのかを理解しているのか、30分近く彼女に質問しました. 彼女に自分の決定を再考させるものなら何でも。

今年3月に行われた内閣府の調査では、大卒者の11.6%が就職先の企業で同様の経験をしたことがあると答えた。 前年より2.6ポイントアップ。

求人のオファーがどんどん来る

この増加は、企業が人手不足により大きな課題に直面しており、新しい従業員を採用することがますます困難になっていることを示しています。

就職情報サービスDiscoによると、調査対象企業の42.2%が5月に持っていた 新卒採用の難しさ. これは、前年より 14.1% 増加しています。

日本政府は6月1日を正式な採用開始日と定めた。 ただし、日付は拘束力がありません。 日本最大級の就職情報サービス「リクルート」によると、大卒者は65.4%。 5月15日にすでに内定をもらっている.

これは、労働力不足により、多くの企業が政府の規制を回避せざるを得なくなっていることを示しています。

政府による保護なし

2020 年 6 月、大企業がハラスメントを防止し、女性の労働力を促進することを義務付ける法律が施行されました。 今年4月には規制が中小企業にも拡大された。

しかし、それは従業員を保護するだけです。 国の指針によると、卒業後の就職を希望する学生から嫌がらせの苦情があったとしても、適切な対応を求めるしかありません。

これは、日本でますます広まりつつある慣行に対する保護が日本にないことを意味します。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です