日本の企業は外国人観光客の誘致を望んでいます

日本の多くの企業は、観光客が再び日本に来ることを許可され、経済状況が再び改善されることを望んでいます.

日本に旅行できる人数が限られているため、最初は経済への影響はそれほど大きくないかもしれませんが、円安は人々の支出を増やす可能性があります。

観光客は会社の財源にお金を払うべきです

6 月 10 日以降、98 か国の人々が再び観光客として同国に旅行できるようになりましたが、当初はツアーグループでした。 毎日20,000人が国境を越えることができます。 それは多くはありませんが、それは始まりです。

東京の人気観光スポットである浅草は、多くの企業が観光客を待ち望んでいる例です。 パンデミックの前は、世界中の人々が文字通りそこに群がりました。 土産物店やレストランは、実はいつも満席。

中小企業はパンデミックを乗り切り、人々がようやく戻ってきてビジネスが回復するのを待っています。

パンデミック前は浅草に多くのホテルがオープンし、東京オリンピックを前に外国人の殺到が予想された。

しかし、その間にも、オリンピックが1年間延期され、その後もゲストが滞在しなかったため、いくつかのホテルは再び閉鎖しなければなりませんでした.

訪日外国人旅行者数は、コロナウイルス発生前の2019年に3,188万人で過去最高を記録し、4.8兆円近くを費やしました。 しかし、国内外の渡航制限により、2021年には過去最高の24万5900人にまで落ち込みました。

京都の例が示すように、この不況は致命的な結果をもたらします。 日本の文化の中心地である東京は、パンデミックの前に観光客から身を守ることはほとんどできず、「オーバーツーリズム」の話さえあり、市の国庫からの収入は泡立っていました。

裕福な顧客を期待して

パンデミックはオーバーツーリズムを終わらせ、収入は激減し、町は破産を宣言しました。 もちろん、観光客、特に多額のお金を使う人がすぐに戻ってくることも期待されています。

しかし、お金を使うのは主に中国人です。 しかし、厳格な「Covidゼロポリシー」のおかげで、彼らはすぐに戻ってくることはありません.

旅行代理店は、外国人を日本に呼び込むためにパッケージツアーの提供を急いでいます。 ただし、従うべき多くのルールがあります。 そして、この旅行方法は万人向けではなく、期待を曇らせる可能性もあります.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。