日本のファッションデザイナー、森英恵さんが亡くなりました

日本の有名なファッションのパイオニア、森英恵さんが 96 歳で亡くなりました。 日本のメディアによると、彼女の特徴的な蝶のデザインから「マダムバタフライ」としても知られるデザイナーは、東京の自宅で8月11日に老衰のため亡くなった、と彼女のオフィスは木曜日に発表した. 1977 年、モリはパリのオートクチュール デザイナーのエリート サークルに参加した最初の日本人女性となりました。

彼の豪華な手作りの作品のクライアントには、アメリカの大統領夫人ナンシー レーガン、オスカー賞を受賞したアメリカの女優グレース ケリー、そして日本の上流社会の無数のメンバーが含まれていました。

森はまた、元日本の天皇の妻、雅子のために1993年に結婚式のパレードで着た白いドレスをデザインした. 彼女はまた、何年にもわたって何百もの日本映画の衣装をデザインしてきた. 1950.森さんは、母国で国際的な事業を営む数少ない女性の 1 人でした。

1926年島根県生まれ、一家で上京、東京女子大学卒業。 25 歳で東京の新宿区に最初のアトリエを開いた後、1965 年に初の海外ファッションショー「East Meets West」をニューヨークで開催し、着物のデザインを衣服コレクションに取り入れてセンセーションを巻き起こしました。

8月に亡くなったイッセイ・ミヤケのような日本のファッション界のビッグネームが彼の道をたどった. 2004年、最後のクチュールショーの後、彼女はパリのアトリエを閉鎖しましたが、東京のHanae Moriショップは営業を続けました. その香水も世界中で販売されています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。