日本のスクールバスはセンサー技術のおかげで安全だと言われています

東京の会社は、車内にまだ人がいるかどうかを独自に検出できるセンサー技術にしばらく取り組んできました。 静岡県でバスに置き去りにされた小さな子供の悲劇的な死後、メーカーは調査を惜しみません。

センサーは、駐車後に車両に人が残っているかどうかを個別に検出できます。 インストール後、システムは個別にアラームをトリガーできます。 ただし、センサーは、ヒューマン エラーを最小限に抑えるための最後の手段であり続ける必要があります。

センサーは独立して動きを報告します

LiDAS(Life Detection Assistance System)は、実はルクセンブルグの会社が開発したものですが、昨今の状況から日本でも需要が高いです。 センサーをバスの天井に設置し、エンジンが停止した後も車内に人が残っていることを検出すると、スマートフォンを介して特定の連絡先に警告することができます。 信号を中心点にリダイレクトすることも可能でなければなりません。 デバイスは、必要に応じて座席の下に隠れている赤ちゃんを検出するのに十分な感度を備えている必要があります。

このシステムは2020年に米国のスクールバスに導入されました。それ以来、大小の乗客が取り残されるという事例は報告されていません。 2021年7月、福岡県中間市で、5歳の男児が保育園に向かうバスの中で死亡する事故が発生しました。 その時彼らは決めた 三洋貿易株式会社 東京の千代田区に拠点を置き、日本でもセンサーシステムを提供します。 システムを正しくインストールするには、数十万円 (700 ユーロから) かかります。

ヒューマンエラーを排除

9月上旬、静岡県牧之原市の保育園に通うバスに3歳の女児も置き去りにされた。 赤ちゃんが見つかったとき、彼女にとって助けが遅すぎました。 1 週間後、同社は苗床や地方自治体から LiDAS に対する 30 件以上のリクエストを受け取りました。 システムは年末までに最終的にテストされ、来年から利用可能になる必要があります。

同社は自社の技術の重要性を強調し、子供たちの安全を守るために多くの保育所がこの技術を採用することを望んでいます。 このような悲惨な事故を未然に防ぐための最後の手段です。 さまざまな団体が、人々が個人の注意にあまり依存するのではなく、緊急時に人的ミスをカバーできる環境を作ることを要求しています。

Sugawara Sango

「腹立たしいほど謙虚なソーシャル メディアの第一人者。Twitter 愛好家。インターネット ジャンキー。ビール愛好家。極度のポップ カルチャー狂信者。認定 Web プラクティショナー。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。