日本のどの当事者も値上げに答えを持っていません

日本では、7月の参議院選挙に向けた選挙戦が本格化している。 政党は有権者の支持を得るために競い合い、防衛費の増加と物価の継続的な上昇という 2 つの問題が議論を支配します。

ロシアのウクライナ侵攻後、食料とエネルギーの価格は急騰し、終わりが見えなくなった。 コモディティに乏しい国にとっては、最近の円安により輸入品が非常に高価になったという事実もあります。 これらすべてが日本の家庭にますます圧力をかけているため、政治家は解決策を見つける必要があります。

当事者は、家庭の問題に対する長期的な解決策を持っていません

参議院選挙の目的は、日本の新政府を選出することではありませんが、今度の選挙は、今後 3 年間の日本の政治の方向性を形作ることになります。 したがって、強い反対は日本の首相にとって良いことではありません。

世論調査によると、PMO は実際には非常に人気がありますが、価格を抑えるための動きがあります 平凡と見なされます. 与党自民党の世論調査にも反映されているもの。

物価の上昇が人々の負担をますます増大させる中、合理的かつ効果的な解決策を考え出す当事者はポイントを獲得できます。 しかし、アウトブレイクを止める魔法の公式はなく、エコノミストは、日本が単独で永続的な行動を取ることはできないと述べています。 短期的な解決策の可能性もかなり限られています。

農林中央金庫総合研究所の南武主任経済学者は「政府ができるのは、痛みを和らげる対症療法であって、治すことではない」と語る。

彼は、ドイツとは異なり、石油卸売業者に支払われ、一時的に燃料価格をある程度安定させた日本のタンクリベートに言及しています。 しかし、日本でも燃料価格が上昇を続けているため、その効果はもはや顕著ではありません。

消費税の減税が適用されにくい

野党が主張する消費税引き下げや金融引き締めも、経済にとって非現実的だとエコノミストはみている。

みずほリサーチ&テクノロジーのシニアエコノミストである酒井才介氏は、「経済は依然として回復しており、日銀による金融引き締めに耐えるほど強くはない。 また、負債のある財政の持続可能性を考えると、税率を引き下げることはできません。

日本の岸田文夫首相は、党の選挙演説で、石油、電力、小麦、肥料、飼料の価格の引き下げに注力すると述べた。 ただ、消費税減税は否定。

消費税率を一定期間5%に引き下げることを約束するDCPとは異なります。 その結果生じる赤字は、国債の発行によってカバーされなければなりません。

令和新選組は税の廃止を主張し、社民党は税率を3年間ゼロにすることを主張した。

国民民主党と日本共産党も、消費税を 5% に半減することを支持しており、民進党は減税は恒久的なものであってはならないと述べています。

南さんは「消費税は年金や福祉などの社会保障に充てるべき。 他に何が資金源になるのだろうか? »

昇給はありますが、それは本当です

価格の上昇を制御するための当事者の次のアイデアは、賃金の上昇です。 双方が約束しているが、詳細はまだ明らかになっていない。

CDPJ、JCP、令和新選組、SDP は、国の最低賃金を時給 1,500 円 (12 ドル) に引き上げることを約束しました。 与党は最低賃金を千円以上に引き上げると表明した。

日本の首相は、労働者を後押しするために 3 年間で 4,000 億円 (27 億ドル) のパッケージを支持しました。

しかし、他の先進国での賃金上昇を考えると、これで十分かどうかは議論の余地があります。

したがって、今のところ、どちらの日本の政党も、予算の問題に対して真に長期的な解決策を提示しているようには見えません。 7 月 10 日は、大海の一滴にすぎない措置が有権者を納得させるのに十分かどうかを示します。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。