日本にはまだまだやるべきことがたくさんある

世界経済フォーラムの 2022 年ジェンダー ギャップ レポートでは、日本は 116 位にランクされており、前回のレポートから 6 ランク上昇しましたが、今年のレポートには 10 か国が含まれていませんでした。

しかし、116 位ということは、同国が主要先進国の中で男女平等チャートの最下位にあり、東アジアでも最下位であることを意味します。

ビジネスや政治で高い地位に就く女性はほとんどいない

うるさい 2022 年ジェンダー ギャップ レポートの 特に、政治および経済部門への女性の参加の遅れは、ランキングの低さの原因であると同時に、日本にとって最大の課題の 1 つです。

しかし、前回の参議院選挙では、女性が党内で主要な役割を果たしていないことを示したのは、特に自民党でした。

日本の国会議員の 9.7% は女性であり、閣僚ポストの 10% だけが女性によって占められています。 また、この国には女性の首相がいないことも指摘されました。

日本の全体的な成績は昨年よりわずかに低く、総合スコアは 0.65 でした。 この研究で使用される尺度は 0 から 1 までの範囲で、1 は男性と女性の間の完全な平等を意味します。 この指数は、女性が利用できるリソースではなく、ジェンダーの不平等を捉えています。

報告書によると、パートタイムで働く女性の割合は男性の 2 倍以上であり、日本の女性の平均収入は男性の 57% にすぎません。

日本政府のスポークスマンである松野弘和氏は、2022 年のジェンダー ギャップ レポートに関する記者会見で、「企業に対し、ジェンダーの賃金格差に関する情報を開示すること、デジタル領域でより多くの女性を訓練すること、従業員の多い部門の労働者の賃金を上げることを強制します。 、B.ヘルスケア、高齢者や子供のケアなど。

実際、日本では現在、従業員が 300 人を超える企業に対して男女間の賃金格差を開示することが義務付けられています。

ドイツはジェンダーギャップレポート2022で前進

アジアでは、フィリピンが 19 位、韓国が 99 位、中国が 102 位です。

G7諸国の中ではイタリアが63位で日本に続き、 ドイツは10位に上昇. アイスランド、フィンランド、ノルウェーが再び 1 位になりました。

国によって大きな違いはありますが、世界経済フォーラムは、世界の男女格差を完全になくすには132年かかると見積もっています。 これは、136 年の期間を使用した 2021 年の見積もりよりわずかに改善されています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。