日本と韓国が近づく

日本と韓国が一歩近づいた。 月曜日、両国の外相は、強制労働者の補償問題の迅速な解決について協議を継続することに合意した。

両外相が発言 年次国連総会の傍観者であるニューヨーク. 日本の林芳正外務大臣は、彼と韓国のパク・ジン外務大臣は、この問題に関する作業的な議論を歓迎すると述べた。

岸田文夫とユン・ソクヨルの出会いについてはまだ確認されていません

日本の岸田文雄首相と韓国のユン・ソクヨル大統領がニューヨークで会談する可能性について、林氏は「まだ何も決まっていない」と述べたが、林氏はその話題が会談で議論されるかどうかは明らかにしていない。会談が行われた。

ソウルは、2つの国家元首が火曜日または水曜日に米国の都市で会議を予定していたと述べた。

外相会談は、1910年から1945年の有罪判決の間に、朝鮮半島での日本の植民地支配中に強制労働に使用された2つの日本企業から押収された国内の資産を清算する裁判所命令にどう対処するかを韓国が検討しているときに行われた.

日本政府は、強制労働に対する補償を含む植民地時代の請求はすべて、1965年に調印された合意の下で完全かつ最終的に解決されたと日本政府が述べているため、企業は韓国の裁判所の補償命令に従わなかった.

韓国は7月、関係のさらなる悪化を避けるために、日本企業の資産の流動化を防ぐための団体を設立した.

韓国は日本との関係改善を望んでいる

3月の選挙で勝利した韓国の新大統領は、前任者の在任中に数年で最低レベルに落ち込んだ日本との関係を改善することを約束した。

6月、岸田と尹はマドリッドで、それぞれの国の元首として初めて直接会い、アジア太平洋のパートナーとして北大西洋条約機構の会合に出席した。 しかし、彼らは会議の傍らで簡単にしか話さなかった.

Amari Masaki

「インターネットの忍者。不治のテレビ学者。情熱的なコーヒー愛好家。ソーシャル メディア マニア。一般的な思想家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。