日本ではますます多くの労働者が転勤を望まなくなりました

ある調査によると、日本では転勤を希望しない労働者がますます増えています。

企業内または関連会社への従業員の異動は日本では一般的であり、キャリアのはしごと見なされることがよくあります。 したがって、労働者が突然離れた場所に転勤になり、家族がバラバラになることがよくあります。

従業員の嫌悪感が高まる

調査 しかし、異動に対する不満が高まっており、異動しないことを希望する社員が増えていることを示しています。

これは、日本における社会の性質の変化によるものと思われます。特にパンデミック以降、在宅勤務が一時的に新しい標準になったことが原因です。 これにより、カップルは一緒にキャリアを築き始めました。

この流れを受けて、今、多くの企業が転送システムを見直すようになっています。 異動は自分のスキルを向上させる機会と見なされているという意見が支配的であったとしても.

この調査では、従業員が雇用主に異動についてもっと配慮してほしいと思う理由を企業に尋ねました。 ほとんどの回答者は、従業員が既婚で配偶者が雇用されているか、幼い子供や扶養家族がいると述べています。

異動は社員の可能性を広げることを目的としています

多くの企業が転勤を減らしたいと言っているが、37社は慣行を変えたくない。

また、転勤を完全に廃止すべきという立場をとっている企業はありません。

西武ホールディングスの広報担当者はこの状況について、「従業員がスキルを向上させ、潜在能力を発揮できるように、実際のキャリアパスに乗り出すことを許可しています。もちろん、同じ職場で何十年も働く人にとっては難しくなります。変化する環境に適応するために。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。