日本、7人殺害の有罪判決を受けた男を処刑

日本、7人殺害の有罪判決を受けた男を処刑

略奪後の犯行現場

©AFP

2008年に首都東京で起きた銃乱射事件で7人を殺害した男が、日本で処刑された。 古川義久法務大臣は火曜日、今年の国内初の死刑執行を確認した。 彼は「非常に慎重な検討」の後、死刑執行を承認した。

2008 年 6 月 8 日、秋葉原地区で、現在処刑されている加藤智宏がトラックを群衆に突っ込んだ。 その後、25 歳のとき、彼は傍観者を無差別に刺しました。 彼は逮捕される前に7人を殺し、10人を負傷させた。

逮捕後、警察に「人を殺しに秋葉原に来た。 誰を殺したって構わない。 彼は以前、自分の行動をオンラインで公開し、孤独と不安定な仕事を訴えていました。 彼はその犯罪について法廷で謝罪した。 加藤氏は 2011 年に死刑判決を受けたが、2015 年に最高裁判所は判決を支持した。

日本は、死刑制度を維持している数少ない先進国の1つです。 古川法務大臣は火曜日、それらの廃止は「適切ではない」と述べた。 「虐殺や強盗のような恐ろしい犯罪はいまだにありふれたものです」と彼は言いました。

2 年間の中断の後、12 月に有罪判決を受けた 3 人の殺人犯が絞首刑に処された。 岸田文夫首相の下での処刑は初めて。

日本では、通常は判決から数年後に死刑執行が行われ、死刑執行が差し迫っていることが受刑者に通知されてから数時間後に行われることもあります。 現在、日本には100人以上の死刑囚がいます。

人権団体は、日本が死刑を受け入れていることを繰り返し批判してきた。 しかし、死刑は広く支持されています。

AFP

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です