日中両国は対話を続けたい

日本と中国は、台湾をめぐる緊張の中で、建設的で安定した関係を確立するために対話を継続することに合意した。

彼の約の間に。 水曜日の7時のミーティング しかし、中国の天津市では、日本の国家安全保障局の事務局長である秋葉武夫も、最近の台湾近郊での大規模な軍事演習に抗議した.

日本が中国のミサイル発射に抗議

アキバにとっては、国交正常化50周年を目前に控えた楊潔篪中国外交政策主席との初対面だった。

アキバは、訓練中に中国が5発の弾道ミサイルを発射し、そのうち5発が日本の排他的経済水域に着陸したことに対する日本の抗議を繰り返し、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調した.

共産党政治局員のヤン氏は、台湾は中国領土の不可分の一部であり、台湾問題は中日関係の政治的基盤と、両国間の基本的な信頼と誠意に関係していると主張した。

ヤン氏はまた、両国間の2,000年にわたる交流と今年の国交50周年は、「平和的共存と友好協力が唯一の正しい選択である」ことを両国に教えたと述べた.

彼はまた、内外の干渉を排除し、協力して新時代の要求を満たす中日関係を構築する必要性を強調した.

関係改善の取り組み

中国は、8 月 4 日にカンボジアで予定されていた日本との外相会談をキャンセルした。

しかし、秋葉氏とヤン氏は、日本と中国が努力し、関係を改善するために多面的な対面コミュニケーションが必要であることに同意した.

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。