新しい研究は、使用済みマスクの大規模な細菌コロニー形成を示しています

ドイツでは2年以上前からマスク着用が義務化されています。 今年の 3 月以降、口と鼻を覆うものは医師の手術、診療所、および公共交通機関でのみ着用することが義務付けられています。法務大臣のマルコ ブッシュマンを含むさまざまな政治家は、秋には再びマスクの着用義務を拡大することを望んでいるとすでに発表しています。 . マスク (通常の方法では、まだ通気性があります) は、感染から保護することさえ実証されていません. さらに: 月曜日の 自然 発表された研究 日本からの調査によると、マスクには多数の細菌と真菌が存在することが示されています – 潜在的に病原性の病原体を含みます.

公共放送は迷走する

FFP2 マスクの有効性に関する操作グラフ: 科学者による BR24 の辛辣な批判

2020 年の秋、研究者は 109 人の医学生が着用したマスクの細菌と真菌を 2 か月間検査しました。 これを行うために、マスクの外側と内側を別々に寒天プレートに押し付け、そこに存在する病原体が増殖するのを待ちました。 結果は壊れやすい胃には関係ありません。サンプルの 99% でマスク内に細菌のコロニーが見つかり、80% で真菌が見つかりました。 研究者は、黄色ブドウ球菌、セレウス菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌などの潜在的な病原性病原体を含む、最大 1,600 の細菌コロニーを特定することができました。 Bacillus cereus は一般的に食中毒を引き起こす細菌であり、S. saprophyticus は尿路の炎症を引き起こす可能性があります。 科学者たちはまた、菌類の中から潜在的に病原性の属である Fonsecaea、Mucor、および Trichophyton の胞子を見つけることができました。 これらは、とりわけ、皮膚の真菌感染症につながる可能性があります。 ムコールカビを吸い込むと、肺や他の臓器に感染することさえあります.

新しい INSA 調査

国家の強制による健康被害:ドイツ人の大多数はFFP2マスクを長時間着用している

研究者は、細菌の量がマスクの着用時間やマスクの種類に依存しないことに驚いた. マスクを数日使用するとカビだけが増えました。 さらに、女性は男性よりもマスクに付着した細菌の量が大幅に少なかった.

問題は、この病気を引き起こす病原体が、マスク着用者の感染の増加につながることも示されているかどうかです. これにはさらなる研究が必要です。 いずれにせよ、日本の研究者はこの結果を憂慮しているようだ。彼らは、免疫システムが弱っている人々にマスクを複数回使用しないことを勧めている. そうしないと、微生物感染のリスクが高すぎる. 私たちの口の前にある生地の切れ端のビオトープは、確かに健康に有益ではありません. したがって、マスク要件への抵抗のしるしとして、財布の底から1週間前のふわふわのマスクを着用した人は、おそらく別の方法で抗議を表明できないかどうかを検討する必要があります.

広告

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。