憲法改正で日本が行ったり来たり

特に安倍晋三は改憲運動をしているが、日本の岸田文夫首相が実際にどのような立場を取っているかは誰にもわからない。

安倍首相は現在の選挙戦で、日本の平和主義憲法の改正を推し進めるよう圧力を強めている。 彼が長年追い求めてきた目標。

しかし、現在の岸田文夫首相のせいで失敗する可能性もある。政界関係者の間でも、彼が本当に改憲を望んでいるかどうかは不明だ。

岸田にとって憲法改正は今のところ問題にならないようだ。

6月21日日本記者クラブでの討論 岸田氏は、憲法改正に必要な両院議員の3分の2の支持を得ることができる憲法改正案を考え出すことが重要であると述べた。

しかし、7 月 10 日の参議院選挙の公式戦開始以来、岸田氏はこの件についてはほとんど沈黙を守ってきた。 代わりに、消費者物価の上昇に対処するために必要な措置に焦点を当てています。

与党が勝利すれば、岸田氏は三年間国政選挙を心配する必要はない。

しかし、首相が政治的に落ち着いた段階で焦点を当てたい政策は完全にオープンだ。

日本には、政府がこれまでほとんど無視してきた人口減少や弱体化した社会保障制度にどう取り組むかなど、取り組むべき多くの問題があります。

日本の首相の側近の何人かは、彼が憲法改正に真剣に取り組んでおり、在任中に憲法改正が行われた場合、それは彼に政治的遺産をもたらすだろうと言います.

他の人は、自民党の保守的な要素に簡単なメッセージを送るために可能な変更について言及しただけだと言う. 彼らは、彼が憲法に触れるつもりはないと言います。

安倍がまた突っ込む

しかし、与党が過半数を占めていても、そのような変化は容易ではありません。 安倍晋三は 7 年 8 か月にわたって PLD の党首を務め、何度か試みたにもかかわらず憲法改正を推し進めることができませんでした。

それにもかかわらず、彼は努力を続けており、現在、戦争を禁止し、日本が陸、海、空軍を維持することを禁じている憲法第9条の改正を求めている.

安倍首相は、自衛隊が憲法に違反しているかどうかをめぐる議論に終止符を打つために、できるだけ早く9条を改正すべきだと主張している。

反対側の抵抗

国会の最終会期中、安倍首相は下院憲法委員会で第 9 条に焦点を当てた議論を呼びかけた。

しかし、安倍首相の新たな前進は、他の方面からの抵抗にも直面している。 例えば、公明党は憲法9条の改正に反対している。自民党の連立与党は、この条文を現在の形に保つ参議院選挙のマニフェストに文言さえ含めた。 日本最大の野党も改憲に反対している。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。