引退した競走馬が北海道で再びチャンスを得る

競馬は、世界のどの国よりも日本で人気があります。 全国で毎年 21,000 以上のレースが開催されています。 ジャパンカップは世界五大競馬の一つで、各国の著名騎手が招待されます。

キャリアの中で、一部の競走馬は真の舞台の有名人になります。 最も成功した人は、故郷に記念像が置かれることがあります。 しかし競争は熾烈で、馬のキャリアは数年しか続きません。 日本列島では毎年約 7,000 頭の新しい競走馬が誕生し、その後ほぼ同数の競走馬が「引退」します。

多くの競走馬には不可能な老後までの人生

ただし、これは 静かな老後が待っている動物たち. 馬は特別な訓練を受けているため、レース以外ではほとんど使用できず、維持費が高くつき、レース後に怪我や健康上の問題に悩まされる馬もいます。 繁殖のために選択され、子孫を産む機会があるのはごくわずかです。

これが、引退したほとんどの競走馬が通常、競馬場から獣医または食肉処理場に直行する理由です. 日本では馬肉を食べることは珍しくありません。 たとえば、肉は居酒屋で生で提供されたり、焼肉グリルで串に刺して食べられます。 実際、日本は肉の需要を満たすために海外から馬を輸入しています。

しかし、民間のイニシアチブは長い間、各馬の命を守ろうとしてきました. 日本の競走馬の分野に長年関わっている最も重要な組織の 1 つは、 引退した馬の協会 (RHA). 1997 年以来、RHA は当時の別の名前で競走馬を歓迎し、動物を財政的に支援するスポンサーを探してきました。

2011 年以来、RHA は競走馬を他の作業に適したものにするための再訓練プログラムも実施しています。 これまでに 14 頭の馬がプログラムを完了し、新しい「仕事」に就きました。たとえば、観光部門での乗馬や、パレードや儀式用の馬などです。

RHA の現会長である沼田恭子にとって、馬の命の防衛は 25 年前に始まりました。 千葉県で乗馬クラブを経営していた。 馬の 1 頭が攻撃的すぎて乗れないことが判明したとき、彼女は難しい決断を下さなければなりませんでした。 最終的に、彼女は動物を眠らせないことに決めましたが、代わりに他のサポーターと一緒に世話を始めました.

RHA に新しいサポートをもたらすモバイル ゲーム

何年にもわたって、RHAは、他の方法では馬にほとんど関心がない人々の間でさえ、ますます多くのメンバーとサポーターを獲得してきました. 彼女の作品の批評家は、沼田にすべての馬を救うつもりはないと言うことがあります. しかし、RHA が世話をしている動物の総数は、死んだ動物に比べて少ないですが、沼田氏はそのアプローチに固執しています。

ここ数年の努力が無駄ではないことを示しています。 日本の競馬を統括する日本中央競馬会は、長い間活動を休止していたが、現在、引退した競走馬のプログラムに関与している。

ORS は最近、予想外の四半期から追い風を受けました。 協会は 5 年間、有名な競走馬ナイス ネイチャーの記念日を利用して、寄付を呼びかけてきました。 最初のコレクションは、48 人の寄付者から 20 万円を集めました。 今年、RHA は 17,000 人の寄付者から寄せられた 5,400 万円 (US$393,650) という巨額の寄付を祝うことができました。

寄付者の一部は、組織が支援のメッセージを通じて知ったもので、過去 1 年間にビデオ ゲームを通じて競走馬の問題を認識していました。 2021年2月、アニメと漫画を含むモバイルゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」が日本でリリースされたからです。 ゲームはすでに 5000 万回以上ダウンロードされています。

このゲームは、レースに出場し、アイドルとして働く「ウマ娘」のすべてです。 ゲーム内のキャラクターは、ナイス ネイチャーなどの有名な競走馬にちなんで名付けられています。 馬に乗った少女たちのファンの中には、実際のモデルの物語を処理し、彼らの運命や RHA の仕事についての物語を発見する人もいます。

タイキシャトルの老人ホームとしての北海道の農場

現在、沼田の組織には103頭の元競走馬がいます。 彼らは、ORS が協力している全国の 40 の農場に収容されています。 それらの1つは、 北海道の北湖牧場. 日本を代表する競走馬の本拠地である新冠市にあります。

のどかな自然に囲まれた広大な牧草地である7ヘクタールの敷地に、現在6頭の馬が引退生活を送っています。 そのうちの 2 人、タイキ シャトルとメイショウ ドウトは、RHA を通じてコートに配置されました。 どちらも 25 歳以上で、競馬仲間の 2 倍以上の寿命を持っています。 競走馬のキャリアは通常、8年から10年で終わります。

ノーザン レイク ランチでは、輝かしいキャリアを終えた道東明士が休息をとっています。 背中のメト猫も気にならない。 写真: AS

ノーザンレイク牧場は、2020年に土地を借りて牧場を開いた川越康之さんが経営しています。 日本中央競馬会の厩務員を務めたこともあり、競走馬の窮状を身をもって知っている。 彼のパートナーである佐々木幸江は、競馬について専門的に書いています。

川越さんにとって牧場は、長年支えてくれた馬への恩返し。 「馬は私にとって非常に役に立ちましたが、私は彼らのためにほとんど何もしていませんでした」と彼は競馬時代を思い出します。 「もっと大きなものを求めていたことに気づきました。」 今、彼は引退した競走馬の世話をすることで「彼らに恩返しをしたい」と思っています。

RHA の沼田恭子にとって、ノーザン レイク ランチとのようなコラボレーションはマイルストーンです。 彼女の夢は、人々の生活の中で馬が重要な位置を占める環境を作ることです。

現時点では、動物はボランティアの善意に依存していますが、目標は、競馬場でのキャリアが終わった後でも、動物が収益性の高いビジネスを継続できるメカニズムを作成することです. 「人と馬が幸せになる関係を築いていきたい」と語る。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。