太平洋における日本海軍の演習

日本海軍の艦隊 共同作戦の一部になります 他の11カ国とともにインド太平洋に配備されました。

これは、最近この地域の近隣諸国に対してますます自己主張と攻撃性を強めている中国に対する明確な合図であり、警告であると理解されています。

多国籍共同作戦への参加

10 月 29 日まで続く演習の間、日本の艦隊は、ソロモン、トンガ、フィジーの島国で初めて停止します。

日本海軍の2隻の航空母艦のうちの1隻である「いずも」のほか、駆逐艦2隻、潜水艦1隻、哨戒機などの部隊で構成されています。

世界最大の国際海軍演習「パシフィック・バンガード」への参加に加え、米国、オーストラリア、韓国による共同演習「リム・オブ・ザ・パシフィック」への参加、その他の演習や演習も予定されています。

日本の地上部隊もこれらの演習に初めて参加します。

ソロモン諸島の中国軍

2020 年初頭、中国とソロモン諸島は共同安全保障協定を採択しました。これにより、中国は軍艦をドッキングできるだけでなく、島自体に軍事部隊を駐留させることができます。

中国の王毅外相は、太平洋における米軍の存在をほのめかし、ソロモン諸島を訪問中に、これらおよび他の太平洋島嶼国は「裏庭は誰のものでもない」と述べた。

オーストラリア、インド、韓国、フィリピン、ベトナムなどの近隣諸国だけでなく、日本も中国の行動にますます脅威を感じています。

この懸念は、ロシアによるウクライナへの攻撃後も減少しておらず、関係国間の新たな緊密な軍事関係につながっています。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。