大阪神宮がランニングシーンの集合場所に

日本の神道の多くの神々の中には、変わった責任を負っている人もいます。 しかし、これまで「足の神」について聞いたことのある人はほとんどいません。 大阪の神社の神主は、それを変えたいと考え、ランニングシーンを念頭に置いています.

放課後、現在31歳の加藤大志はロンドンに留学するために日本を離れました。 学業終了後、帰国し家業に入る。 有資格の神職は、家族が代々経営してきた大阪の服部天神宮を、21 世紀の課題に備えたいと考えています。

ランニングは司祭に新しい考えを与えました

加藤さんは宮司である父に次ぐ二番目の宮司です。 服部天神宮は、足や足に怪我をしたり、癒しを求めたりする信者に人気があります。 しかし、加藤は自分自身を傷つける必要はありません。彼の神社は、足の怪我から身を守りたい人のためにそこにあることも意図しています. したがって、彼はターゲットグループとしてランナーを提案しました。

聖域の千年の歴史は、10 世紀の物語にさかのぼります。 高貴な菅原道真は京都から追放され、九州に行くことを余儀なくされました。 すでに旅の初めに足を負傷し、服部天神宮を訪れた。 ここで薬神スクナヒコナノミコトに祈願したところ、無事に治ったという伝説があります。 こうして神社は名声を得た 足の怪我の治療に特化 ここでスクナヒコナは「足の神」となった。

フィギュアスケーターの羽生結弦選手のファンも多く訪れます。 足首に怪我を負った星への冥福を絵馬に書き、お祀りします。 プロスポーツ選手や著名人も定期的に参拝に訪れます。

ランナーも常に足に負担をかけているため、加藤はまったく新しい信者グループを開拓する機会を見出しました。 聖域の恵みで傷や疲労、災いを祓うためにお供えしたい。

神社は変化する世界に対応しなければならない

近年、日本の神社は新たな課題に直面しています。 過去に重要なイベントが行われた周囲のコミュニティの社会的中心であった場合、彼らはますます社会の変化に直面しています。 人口の減少、道徳的概念の変化、そして最後になりましたがコロナのパンデミックにより、聖域にはより多くの柔軟性が求められています.

だからこそ加藤氏は、より多くの人を神社に呼び戻し、古い施設を新しいエネルギーで活性化することが彼の義務であると考えています. これを行うには、まず神をアスリートの足元に近づける必要がありました。 そこで彼は自分自身でレースを始め、ソーシャル メディアを通じて他の愛好家とつながり始めました。

プロジェクトは成功し、神社は今や大阪のランニングシーンの中心となっています。 ここで提供される非常に特別な幸運のお守りも、これに貢献しています。 ランニング シューズの靴ひもに直接通すことができるため、ターゲット グループに最適です。

靴ひもにつけられるおまもりチャーム。 画像:MS/服部天神宮

コミュニティの最新メンバーの 1 人は、2017 年に日本人として初めて七大陸アドベンチャー マラソンを完走した北田隆夫さんです。彼はレースの前に必ず神社に参拝し、幸福と健康を祈ります。 彼はインスタグラムで加藤神父と出会い、若者を神道に戻そうとする彼の前向きな考え方に触発されました。

神々の駅伝が舞台となる10月

2 人のランナーは一緒に 2022 年 10 月に神社祭典を主催し、全国のランニング コミュニティのメンバーを大阪に招いて、彼らの情熱を祝います。 駅伝では、神事の食材を街中から神社まで運び、神前に奉納し、一緒に調理して食べます。

「これからもランナー向けのイベントを開催していきますが、もっと活気のあるコミュニティを作るには、もっと大きな夢が必要です」と加藤は言います。 留学経験を生かして、神道を世界に広めたい。 「神道のライフスタイルと習慣、文化と伝統の交差点を探求し、普遍的な魅力のメッセージのスポークスマンになる方法を見つけます。」

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。