国会議員への手当は、日本では管理されずに支払われ続けています

日本の国会議員は、平均月収12億9400万円(約9211ユーロ)に加算されるボーナス(「分通費」)を受け取る。

国会議員の給与を管理する法律によると、このお金は公式文書の送付と公式通信をカバーすることを目的としています。 ただし、政治家は、実際にお金がどうなったかを示す領収書を提示する必要はありません。

何もすることがなく、コントロールのない2番目の給料

そのため、いわゆる「第二の給与」である約100万円もまた、特に昨年、衆議院議員が実質的に何もせずにお金を受け取っていたことが明らかになったとき、批判の対象となっています。.

ただし、支払いはまだ制御されておらず、自動であるため、何も変わっていません。

透明性を求める声に応えて、与野党は現在の議会の終わりまでに合意に達し、国会議員に支出の詳細を開示し、未使用分を財務省に返還するよう要求すると述べた。

岸田文夫首相 しかし、下院予算委員会のセッションで語った 5 月 27 日、彼は補償決定の期限の設定に反対した。

現在のセッションは今日で終了し、「文通秘」のトピックは後回しにされました。

4月、州議会は、関連法の改正を規定し、日当ベースでの費用手当の支払いを規定する法案を可決しました。 しかし、納税者の​​お金の使用に対する政府の責任は取り上げられませんでした。

企業は支出した金額の開示に細心の注意を払う必要があり、領収書は 5 ~ 7 年間保管する必要がありますが、多くの国会議員は、経費の追跡は非常に面倒だと述べています。

日本人議員の手当だけではない

細田博之下院議長は、4月の募金活動の際に、うっかりして政治と人々の間の分裂を強調した.

細田さんは「講師をやっても月100万円しかもらえない」とSNSで批判を呼んだ。

1947(昭和22)年から始まった給付で、月額125円の通信費、40円の宿泊費が支給されます。

2 つの手当の名前と金額は何度か変更され、最終的に 1993 年に月額 100 万円が国会議員に支給されました。

国会議員には、東京とその選挙区を結ぶ日本の鉄道チケットと往復航空券も提供されます。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。