原子力事故 – 福島冷却水流出アプローチ – 政治

東京 (AP) — 福島の核廃墟から大量の放射性冷却水を海に投棄するという日本の論争の的となっている計画は、懸念を引き起こし続けています。 福島県の内堀正男知事と地元の市長は、水産物の被害を防ぐために政府に行動を起こすよう求めた。 しかし、その前に、来年春に予定されているように、核廃棄物から処理された水を太平洋に送るための海底トンネルを含む施設を建設することに合意していた.

2011 年 3 月 11 日の地震と津波による大惨事から 11 年以上経った今でも、破壊された原子炉は水で冷却する必要があります。 その結果、汚染された水はろ過され、巨大なタンクに保管されます。 オペレーターの東電によると、タンクのスペースは秋に不足します。 そのため政府は、来春から125万立方メートル以上の汚染水をろ過し、海で希釈することを決定した。 そのため、海中に約1キロのトンネルを作り、そこから水を排出する。

内堀知事は、萩生田光一経済産業相との会談で、計画は国民の十分な理解を得られなかったと述べた。 そのため、さらなる風評被害が懸念されます。 大臣は、安全が保証されることを保証した。 「科学的根拠に基づいた情報を国内外に発信していきます。

環境保護主義者や、中国や韓国などの日本の近隣諸国も憤慨しており、投棄計画を覆すよう求めている. 核廃墟の冷却水は処理されますが、ALPS フィルター システムではトリチウム同位体を除去できません。 日本は、トリチウムは微量であれば人体に無害であると主張している。

© dpa-infocom、dpa:220803-99-259437/2

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。