全国の「大学剣道選手権大会」が7月上旬に開催

7月2日、3日には「第56回全日本女子大学剣道選手権大会」と「第70回全日本男子大学剣道選手権大会」が行われ、特設サイトで放送される。

トーナメントは東京の日本武道館で開催されます。 毎日新聞社は、その「」でトーナメントを主催します。毎日新聞デジタル-ページを無料で転送します。大会後、サイトでは、最初のラウンドから決勝までのすべての戦いの録画も放送されます。

剣道 – 常に人気のある武道

剣道は日本で最も人気のある武道の 1 つです。 格闘家は防具を身に着け、竹刀を使って相手を攻撃します。

半世紀以上の歴史を持つ両大会は、多くの優れた剣士を輩出してきた。 毎日の試合は2019年から生中継されていましたが、2020年はコロナの影響で中止を余儀なくされました。

266人の戦闘参加者

今年の大会には男女合わせて266名が出場。 いずれも北海道、東北、北信越、関東、東海、関西、中四国、九州の各ブロックで活躍する実力派アスリートです。

女子は、ルーキーとして前回の大会で優勝した水川はるな選手(法政大学2年)、諸岡敦子選手(中央大学4年)、妹尾舞香選手(鹿屋体育大学4年)、どちらも以前に全日本女子剣道選手権大会で優勝しています。

参加者とサイト上の情報

男子は2021年優勝の黒川雄大選手(筑波大学4年)、準優勝の木村啓人選手(鹿屋体育大学3年)。

ライブストリームに加えて、特設ページでは、参加者のリストとトーナメントに関する詳細情報を日本語で提供します。 トーナメント表は、各試合の結果で更新されます。 大会終了後、1回戦から男女決勝までの全試合のアーカイブ映像を公開。

東vs西の大会も放送決定

昨年のトーナメントの決勝と準決勝のビデオは、同じサイトで利用できます。

また、個人戦終了後に行われる「第16回全日本女子剣道東西大会」と「第69回全日本剣道東西大会」も生中継されます。東日本と西日本の戦い。

7月2日の開会式

放送を視聴するには、毎日新聞デジタルの特設ページにアクセスし、「ライブ」と表示された6つのサムネイル画像のいずれかをクリックしてください。 各剣道場には、毎日トーナメントが始まる直前にサイトに表示されるサムネイルがあります。

女子と男子の合同開会式は、日本標準時(JST)の午前11時(ドイツでは午前4時)に7月2日に開催されます。 試合スケジュールはウェブサイトでもご覧いただけますが、変更される場合があります。

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。