中国代表、第10回不拡散条約再検討会議で中国の立場を説明

核拡散防止条約の第 10 回再検討会議が月曜日、ニューヨークの国連本部で開かれました。 火曜日、中国外務省軍備管理局のフー・コン局長は会議でスピーチを行い、条約に基づく核軍縮と不拡散の国際システムの確保に関する中国の立場を説明した。

フー氏は、世界の戦略的安全保障環境は悪化しており、NPT に基づく国際的な不拡散システムは深刻な影響を受けていると述べた。 中国は、共通の安全保障の概念を堅持し、国際的な核軍縮のプロセスを促進し、核兵器をさらに削減することを提案しています。 核保有国は、核のリスクを軽減し、政治的解決の方向性に従い、核不拡散の課題に対処し、核エネルギーの平和利用を促進するために協力しなければなりません。 核エネルギーの平和利用は、環境と人間の健康を犠牲にしてはなりません。 日本政府は、福島の核汚染水の処分に関する近隣諸国と国際社会の正当な懸念に真剣に取り組み、適切な手段を見出す必要があります。

中国外務省の華初瑩報道官は記者団に対し、日本は放射性物質で汚染された下水の恣意的な排出を開始すべきではないと強調した。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。