世界で最も高い木造超高層ビルの建設方法

木材は、高層ビルの建設材料として長い間宣伝されてきました。 ノルウェーで最も高い標本は、空で 85 メートルに達します。 今日、2 社の日本企業が、高さ 350 メートルの超高層ビルの建設方法を開発したと主張しています。 建築グループの日建設計と木材加工グループの住友林業が共同で開発したのが、木製の梁と鉄筋コンクリートの天井板を組み合わせた複合梁工法です。

技術革新は、約 12 メートルのスパンを可能にする木製の梁の新しい構造で構成されています。 従来の木製ベンチの2倍の長さです。 さらに、梁が浅くなっているため、床の高さが低くなり、必要な材料を減らすことができます。 これにより、木造建築物は中規模および非常に高い建物に特に適したものになるはずです。

レシピは、ローリング技術だけでなく、特にのこぎりに似たビームの表面にもあります。 エンジニアは 25 センチごとに、最大 3.5 センチの深さの浅い下向きのくぼみを切り込みました。 くぼみの真ん中に16mm厚の六角ネジが穴あけされています。 次に、鉄筋コンクリートの天井が適用されます。




日本は常にエレクトロニクスで可能な限りのことを試みてきましたが、多くの場合、不可能なこともありました。 毎週木曜日、著者のマルティン・ケリングが日本と近隣諸国の最新動向をお知らせします。

  • 「日本郵便」の記事をもっと見る

鋸歯状のパターンにより、複合構造は特に強力な構造を形成します。 企業は、従来の鉄骨や鉄筋コンクリート構造に劣らないと述べています。 さらに、この方法では、コンクリートスラブを所定の位置に保持するために、滑らかな梁に使用される鋼製ネジの 10 分の 1 しか必要としません。

このプロジェクトのアイデアは、2041 年に祝われる会社の 350 周年への贈り物として住友林業にもたらされました。そのため、2018 年に林業会社は、高さ 350 メートルの超高層ビルの技術開発を目的とした W350 プロジェクトを開始しました。 . 彼らは日建をパートナーとして選びました。 木材専門家の現在の目標は、高層ビルなどのすべての属性を備えた木造メガシティをスケジュールどおりに実現することです。


建設グループの日建設計と木材加工グループの住友林業は、高層ビルを含む木造のメガシティを作りたいと考えています。
(画像:住友林業・日建設計)

同時に、この方法は、建設部門での温室効果ガス排出量を 2050 年までにゼロに削減するのに役立つと期待されています. 日本には、この目的に使用できる大きな休閑地の二酸化炭素吸収源があります. それらの使用は、最初の 1960 年代に崩壊しました。 GATT自由貿易ラウンド 日本の木材は輸入木材よりも高価になっています。

小規模な一戸建て住宅の建材としての使用も、比較的小さな市場でした。 2 人は、あらゆる高さの大きな建物にも木材を多用することで、針葉樹林の利用が再び価値あるものになるまで市場を拡大したいと考えています。 また、健康面でも日本に恩恵をもたらすでしょう。 春になると、老朽化し​​た巨木が大量の花粉を飛散させ、花粉アレルギーが蔓延する病気となっています。 若い森はくしゃみの波を減らすでしょう。 健康。




(jle)

ホームページへ

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です