ワールドカップ2日目はこんな感じだった:100mのカーリー世界チャンピオン – リュッケンケンパーとクラウゼは続けた

状況: 2022 年 7 月 17 日午後 2 時 56 分

短距離走者のフレッド・カーリーはホストの三冠達成で最速であり、ジーナ・リュッケンケンパーも 100 メートルを超えました。 ドラマは女性の障害イベントで行われました. 要約すると、ユージーンでのワールドカップの2日目。

100m: カーリーは本命としての役割を果たしている

フレッド・カーリーは世界最速の男です。 大本命は、同胞のマービン・ブレイシーとトレイボン・ブロメル(それぞれ9.88秒)より9.86秒早く、ユージーンでの権威あるタイトルの決勝に勝ちました。

ディフェンディング チャンピオンのクリスチャン コールマンは 6 位 (10.01) でフィニッシュしましたが、それでも米国は 3 連続の 100 m の金メダルを獲得しました。 「私たちはこれを家に持ち帰りたいと言いました。そして、そうしました。とても誇りに思います」とカーリーは言いました。

  • 結果 100m男子決勝
    右矢印

女子 100 m ヒート: リュッケンケンパーが直接

100m シリーズで 3 位に入ったジーナ リュッケンケンパーは、そのまま準決勝への出場権を獲得し、世界選手権での最低限の目標を達成しました。 2018年のヨーロッパで準優勝した彼は、弱いスタートの後、オープニングラップで11.09秒という好タイムを記録しました。

今年怪我と病気に見舞われたアレクサンドラ・バーグハルトは、ヒートで11.29秒で6位に落ちました。 100 分の 4 は、4 週間で自宅の ME の基準を下回りました。

シーズン ベストは 10.84 秒で、イギリスのヨーロッパ チャンピオン、ディナ アッシャー スミスが最速でした。 Shelly-Ann Fraser-Pryce は 10.87 秒を記録しました。 このジャマイカ人は、ショート スプリントで 5 回目の世界タイトルを目指しています。 オリンピック金メダリストのエレイン・トンプソン・ヘラーもレースに勝ったが、11.15 秒で同胞を感動させることはできなかった.

  • 結果 女子100m(2本目)
    右矢印

  • 結果 女子100m(5回目)
    右矢印

3,000m の障害物: 幸せなクラウス、マイヤーが落ちる

困難なシーズンの準備にもかかわらず、ゲサ・クラウスは木曜日 (午前 4 時 45 分 (中央ヨーロッパ標準時)) に 3,000 m を超えるワールドカップの決勝戦に臨みます。 それまで29歳はずっと震えていたに違いない。 プレレースでは、2 度のヨーロッパ チャンピオンは 9 分 21 秒 02 で 7 位に終わりましたが、最終的に最速タイム ルールにより 800 分の 1 秒のリードで決勝で最下位を確保しました。

ドイツのチャンピオンであるリー・マイヤーは、モートランの開始時に見事な転倒に見舞われました。 「私が水中にいて目を開けたとき、私は一瞬考えました.それで、背骨はまだ完全ですか?」彼女はインタビューで言った.ARD.

9 分 30 秒 81 で、ケルンの女性はフィニッシュまで戦いましたが、明らかに決勝に進出できませんでした。 「私は障害物に十分に積極的に近づかなかった.それは愚かで退屈だった」とマイヤーは言った.

  • 結果 3000m障害 女子(1回戦)
    右矢印

  • 結果 3000m障害 女子(2回戦)
    右矢印

女子砲丸投げ: イーリーがゴングの座を奪う

オリンピック チャンピオンでディフェンディング チャンピオンの中国の Lijiao Gong ではありませんが、アメリカの Chase Ealey が女子砲丸投決勝で優勝しました。 今年の世界最高記録は、2017 年と 2019 年に優勝したゴング (20.39) を 20.49 メートル上回り、優勝しました。銅メダルはオランダのジェシカ シルダー (19.77) に贈られました。 Katharina Maisch と Julia Ritter は僅差で出場権を獲得できませんでした。

  • 女子砲丸投決勝
    右矢印

走り幅跳び:中国の王がタイトルを獲得

王家南選手が走り幅跳び世界選手権で中国人として初めて金メダルを獲得しました。 25 歳の彼は、最終ラウンドでギリシャのミルティアディス テントグルー (8.32) を 8.36 メートルで下し、東京でオリンピック金メダルを獲得した後、次のビッグ ショットをかろうじて逃しました。 スイスのシモン・エハンマーが銅メダル (8.16) を獲得しました。 アメリカの偉大な走り幅跳びの国は、手ぶらで帰ってきました。

  • 男子走り幅跳び決勝
    右矢印

ハンマー投げ: ファイデクの世界選手権で 5 番目の金メダル

男子ハンマー投げの決勝戦は、ポーランドの本命であるパヴェル ファイデクが 81.98 m の世界記録で世界選手権で 5 回連続の金メダルを獲得しました。 2位はオリンピックチャンピオンのヴォイチェフ・ノヴィツキ(81.03m)、3位はノルウェーのエイビンド・ヘンリクセン(80.87m)でした。 ドイツのスターター トリスタン シュヴァンケは予選で敗退しました。

  • 男子ハンマー投げ 最終結果
    右矢印

10,000m: エチオピアのギディが最終スプリントで金メダル

エチオピアの Letesenbet Gidey は、ユージーンで最初のレース決定を勝ち取りました。 10,000m 決勝で、世界記録保持者は 30 分 09 秒 94 の年間ベスト タイムを記録し、スリル満点の写真判定で、ディフェンディング チャンピオンのヘレン オビリ (ケニアの 30 分 10 分 02 秒) を抑えました。 ブロンズは同胞のマーガレット・キプケンボイ(30:10.07)に贈られました。 2 度のオリンピック チャンピオン、オランダのシファン ハッサン (30:10.56) が 4 位でした。 ドイツ最高のランナーであるコンスタンツェ・クロスターハルフェンは、5,000m のみに出場します。 したがって、スタジアムの 25 周のスタート地点にドイツ人選手はいなかった。

  • 結果 女子10,000m決勝
    右矢印

1,500m: クラインの準決勝終了と慰め

予選前日のようなフレッシュさを欠いたハンナ・クライン(4:04.62)とカタリーナ・トロスト(4:05.85)は、1,500m準決勝で8位に入った。

  • 女子1500m 準決勝1回戦
    右矢印

  • 女子1500m 準決勝2回戦
    右矢印

男子では、カールスルーエのクリストフ・ケスラーが世界選手権デビューを果たし、3分37秒57で10位に入ったが、次のラウンドには十分ではなかった。 大本命のヤコブ・インゲブリクトセンは非常にコントロールされたレースを展開し、最後のストレッチで競合他社に追い抜かれることさえありました。 ノルウェーのオリンピック チャンピオンは、21 歳の品ぞろえが豊富な陳列ケースの中で、まだワールドカップのメダルを逃しています。

  • 男子1500m(1本目)
    右矢印

三段跳び:14m以下のエックハルト・ノアックとマドゥカ

三段跳の予選では、ドイツの 2 人のジャンパーが最初の 12 の決勝を明らかに逃しました: Neele Eckhardt-Noack (13.93m) と Jessie Maduka (13.30m) は 14 マークを大きく下回りました。 メダル争いに参加するには、14.27mが必要だったでしょう。

  • 結果 女子三段跳 予選 (グループ A)
    右矢印

  • 結果 女子三段跳 予選 (グループ B)
    右矢印

110mハードル:トレバーのレースは「残念ながら何もなかった」

ハードル スプリントで、Gregor Traber は文字通り「立ち往生」しました。 いくつかのハードルを乗り越えた後、テュービンゲン出身の彼は 13.81 秒で 7 位でフィニッシュしました。これは準決勝には十分ではありませんでした。 「うまく入らなかったので、アクセルを踏みたくなった。かなりアグレッシブだったが、残念ながら何もできなかった」とトレバーは ZDF に語った。 最速はディフェンディングチャンピオンのグラント・ホラデイ(米国)で、13.14秒だった。

  • 結果 110mハードル 男子(3本目)
    右矢印

走り高跳び: マリー ローレンス ユングフライシュの決勝進出はありません

欧州選手権で 3 位だったマリー ローレンス ユングフライシュも進みませんでした。 31 歳の彼は 1.86 m のジャンプでシーズンの自己ベストを記録しましたが、21 位で走高跳決勝に到達できなかったのは明らかです。

  • 結果 女子走高跳 予選(グループA)
    右矢印

400mハードル:ウォーホルムなら問題なし

ノルウェーのハードル選手のスター、カーステン ウォーホルムは、太ももの怪我にもかかわらず、タイトル防衛プロジェクトの準備ができているように見えます。 オリンピック チャンピオンであり世界記録保持者でもある彼は、49.34 秒というタイムで楽々とリードを奪いました。 彼はフィニッシュ前に目に見えて減速します。 準決勝は月曜日 (CEST 午前 3:00) に、決勝は水曜日 (CEST 午前 4:50) に行われます。

  • 結果 400mハードル 男子(3本目)
    右矢印

マラソン日本代表でコロナ7人

日本代表では、マラソンランナー2名、監督者4名、メインコーチ1名が陽性反応を示した。 これは、世界協会、ワールドカップ組織委員会、日本協会が共同声明で発表したものです。 名前は言及されていませんでした。 ワールドカップ中のコロナガイドラインによると、影響を受けた選手はすでに隔離されており、5日間隔離されたままにしておく必要があります. 今週の日曜日に男子マラソンが開催されます。 女子は月曜日 (CEST 午後 3 時 15 分) にメダルをかけて戦います。

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。