ボルシア メンヒェングラートバッハ: 板倉航が戻ってきた – 誰が今震えているに違いない | スポーツ

おかえりなさい、コ~おかえりなさい!

グラッドバッハ出身の日本の逸材、板倉航(25)が、いよいよ来週の火曜日にボルシア・パークの芝生に戻ってきます!

ディフェンシブなオールラウンダーは、第 5 節の終了後に膝の靭帯を断裂し、その後 3 か月の離脱を余儀なくされました。 それ以前は、Gladbachers はまだ完全にヨーロッパへの道を歩んでいました。

+++ BILD が TV にも登場! ビルライブはこちら +++

ダニエル・ファルケ監督(46)は板倉について「それまではシーズン最優秀選手のように感じていて、最高のパフォーマンスを見せていた。もちろん、そのような人は特に不足している.

ウィンター ブレイク前の最後の試合である第 15 節まで、板倉はチームに復帰し、4-2 で勝利したドルトムント戦で 2 分間のプレーを許可され、ファンの歓声に包まれた.VfL ファン. それにもかかわらず、彼はワールドカップに出場し、最高の守備パフォーマンスでドイツを 2 対 1 で下した試合に参加しました。 再び、4 つの星が突然揺れるはずです。

画面に表示されているものはほとんどないからです。 マンシティの 500 万ユーロの男は、以前はシャルケにレンタルされていましたが、実際に守備的ミッドフィールダーを求めて VfL にやって来ました。 日本人が引き下がったのは、マーヴィン・フリードリッヒ(27)がスタートで失敗したためだけでした – そしてそこで立ち往生しました。

まさにこのフリードリッヒがまたぐらぐらNo. 1候補。 マネージャーのローランド・ヴィルクス (55) は最近、フリードリッヒとニコ・エルヴェディ (26) とのコンビネーションはあまりにも似ているためベストではないと公然とコメントした。

ワールドカップ中、エルヴェディは輝かしいパフォーマンスを見せず、グラッドバッハのシャツで多くのゴールを許したにもかかわらず、以前ほど信頼できるものではありませんでした. 結果: スイス人でさえ、もう多くのことをする余裕はありません。そうでなければ、板倉が彼に取って代わります.

ブラッディファンブロー キックオフ前のエムバペの劇的なシーン

ファーケが板倉を引っ張ってチェーンを越えたとき、ミッドフィールドでより多くのチャンスがあります。 クリストフ・クレイマー(31)は、攻撃的ミッドフィールドで最後に配置されました。 しかし、フロリアン・ノイハウス (25) が十字靭帯を断裂して復帰したため、クレイマーは 6 歳に戻らなければならず、板倉には手ごわい相手がいるだろう。 Julian Weigl (27) についても同様で、攻撃、特にゲームでより効果的にする必要があります。

板倉がボルシアで4本足。 シーズン前半の終わりに大量の失点を許した後、これはポジティブなことしかありません!

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です