フォルトゥーナ・デュッセルドルフ:田中あおが半額! | | スポーツ

デュッセルドルフの観点からすると、この例は先例となるはずです!

もしすべての選手がお金を返せば、彼はクラブにこのように費用をかけます。

フレンドリーな日本語 – 田中が半分自分で払う!

+++ BILD が TV にも登場! ビルライブはこちら +++

元クラブの川崎フロンターレに 100,000 ユーロのローンでシーズンを過ごした後、フォーチュナは 1 年後に田中を購入するオプションを選択しました。 このミッドフィールダーは夏からデュッセルドルフに所属しており、100 万ユーロで日本に移籍した (BILD が報じた)。

しかし、石炭は消えていませんが、田中のおかげでライン川にほぼ 50% 戻ってきました。

カタールでのワールドカップに先立ち、日本はドイツで2つのテストを実施し、主にヨーロッパで契約を結んでいるプロの旅行ストレスを低く抑えました. 選ばれたのは、約7,000人の日本人が住むデュッセルドルフでした。

► 9 月 23 日、日本はアリーナで米国を 2 対 0 で下しました。 エクアドルに対する0-0の引き分けは、4日後に続きました. Fortuna が「彼らの」アリーナでプレーできることに同意したため、日本人協会は 300,000 ユーロを寄付しました。

その上に!

ホットジョブトレイル これが、トゥヘルが現在スペイン語を学んでいる理由です。

FIFA は、田中のワールド カップ出場権を得るために、2 部のクラブに 20 万ユーロを支払いました。 特にドイツに 2 対 1 で勝利したため、彼らはラウンド 16 に到達しましたが、最終的に 3 位になったチームとの PK 戦の後、クロアチアが最後でした。

田中は500,000ユーロをもたらします。 お金も緊急に不足しています – 最も高価な 2 人のプレーヤーは、ダウィド コナツキ (25/750 万、シーズン終了後に無料で移籍) とナナ アンポマ (26/3 百万、フォーチュナは彼を少額で追い出したい) とまだ立っているからです。手数料)。 給与明細のクラブの歴史…

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です