ファビオ・クアルタラロ:トップ3とエネアがタイトルを狙う / MotoGP

世界選手権のリーダーであるファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が、アラゴンのクラッシュ後の彼の状態、もてぎの懐かしい思い出、そしてMotoGPのタイトル争いでのエキサイティングなスタート位置について、日本GPの前に話します.

もてぎでは、ファビオ・クアルタラロがプレミアカテゴリーに初出場し、2019年には2位で「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」の称号を獲得。 23 歳のフランス人は、MotoGP 世界チャンピオンとして雇用主の母国に戻り、ヤマハ発動機本社に招待しました。 日本GP前。 返金されました。

「エル ディアブロ」もヤマハ ミュージックに留まりましたが、彼の DJ キャリアのために、彼は新しい名前を探す必要があります。なぜなら、すでに DJ ディアブロが存在するからです。 記者会見でペッコ・バグナイアがそのことを思い出したとき、ファビオは「それはすでに使われていることを知っているので、別の名前を見つけなければならない」と笑った.

しかし、アラゴン GP の 4 日後のツインリンク パドックでの最大の話題は、わずか 3 コーナーでマルク マルケスと衝突した後、ファビオがまたしても苦しいスタートを切ったことでした。 「今日、最初のトレーニング セッションを終えた」とクアルタラロは木曜日に報告した。 「大丈夫、ただのひっかき傷だ。特に最初のセッションでは少し痛いし、もちろん少し火傷するだろうが、バイクでは問題になるとは思わない」

終了から5レース、ファビオのゼロの後、トップ3を分けるのはわずか17ポイントです。 「何ができる?17ポイントある。 シーズンの始まりのようなものだとは言いませんが、私たちは皆狂ったようにプッシュしています. しかし、3人ともエネアもタイトルを欲しがっている。 私たち 3 人は 17 ポイントしか離れていないという事実は、お互いを最大限にプッシュすることを保証します。 いいと思います。」

クアルタラロは、シーズン4勝のエネア・バスティアニーニの請求書にあとどれくらい持っていますか? 「ドライバーとして、彼は素晴らしく、非常に強い。残り5レースで、48ポイント差をつけているので、争いは少ない。アラゴンでは彼は素晴らしいレースをした。だから私は彼をライバルだと思っているが、もちろん、もう少し先にいる」ペッコやアレイクスよりも」

ディフェンディング チャンピオンは、彼のアプローチを変えるつもりはありません。 2020 年に学んだ教訓です。Joan に点を打つたびに [Mir] メイク、嬉しかったです。 でも昨年は、30点差でも全力で勝負に挑みました。 今年も、大きなリードはありませんでしたが。 もちろん、最後の 5 レースでは 100% を出し切りますが、すでにそれを行っています。

過去のレース週末のペースは、ヤマハの工場ライダーに自信を与えます。 「結局のところ、レッドブルリンクを含むすべてのトラックで競争力があります。 これまでアラゴンで競争力を発揮したことはありませんでしたが、今回はかなり速いペースでした。 残念ながら、私のレースはすぐに終わってしまいました。 しかし、ペースに関しては、速く走れない道はありません。 特定の状況により、追い越しができなくなります。 でも、このトラックで十分だと思います。 私は過去にここで非常に強かった。」

実際、クアルタラロは2019年もてぎで表彰台を獲得しただけでなく、2018年のMoto2レースでも最初にフィニッシュラインを通過しました.しかし、彼の勝利は再び否定されました(タイヤの空気圧が低すぎる).

しかし、MotoGP 世界選手権が日本に戻ってくると、今週末は雨天の可能性があり、天候はさらなる課題をもたらす可能性があります。 マンダリカでシーズン開始時に雨の中で初の MotoGP 表彰台を獲得したクアルタラロにとって、それは心配する必要はありません。 マークとドヴィとのレースも覚えている。彼らは超速かった。 そして、トラックが提供するグリップが多ければ多いほど、それは私たちにとってより良いものになります. マンダリカは最高でした。 ですから、雨の中でのレースを恐れる理由はありません – もちろん、私は乾いた方がより楽しめますが。」

MotoGP 世界選手権のランキング (20 レース中 15 レース後):

1. クアルタラロ、211 ポイント。 2 バニャイア 201 3 アレイシ エスパルガロ 194 4 バスティアニーニ 163 5 ミラー 134 6 ザルコ 133 7 ブラッド ビンダー 128 8 リンス 108 9 マルティン 104 10 ビニャーレス 104 26 20 ディ ジャンナントニオ 23 .21 ドヴィツィオーゾ 15 22 ダリン バインダー 10 23 ガードナー 9 24 ラウル フェルナンデス 8 25 ブラドル 2 26 クラッチロー 2

コンストラクターズチャンピオンシップ:
1.ドゥカティ、346ポイント。 2. アプリリア 217. 3. ヤマハ 213. 4. KTM 161. 5. スズキ 134. 6. ホンダ 100.

チームワールドカップ:
1. Ducati Lenovo チーム、335 ポイント。 2. アプリリア レーシング 298. 3. モンスター エナジー ヤマハ 237. 4. プリマ プラマック レーシング 237. 5. レッドブル KTM ファクトリー 223. 6. グレシーニ レーシング 186. 7. スズキ エクスター 185. 8. ムーニー VR46 レーシング 165. 9. レプソルホンダ 105 位 10 位 LCR ホンダ 85 位 11 位 WithU ヤマハ RNF 27 位 12 位 Tech3 KTM ファクトリー 17 位

Takagi Toshiko

「熱心なコミュニケーター。一般的なアルコール ファン。受賞歴のあるライター。ウェブ オタク。情熱的な音楽の実践者。邪悪なポップ カルチャーの伝道者。旅行の第一人者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。