ネットいじめ – インターネット上でいじめや脅迫を受けている場合

子どもたちは、これまで以上に極端なオンラインの脅威にさらされています。 最近では、人種的な中傷、セクシャルハラスメント、身体的暴力の脅威さえも一般的です. これは、オンライン セキュリティ企業 McAfee が実施中の調査「Cyber​​bullying in Plain Sight」の結論です。

この調査のために、10 か国の合計 11,687 人の親とその子供がインタビューを受けました。 その目的は、子供たちが日常的に直面しているネットいじめの程度を完全に理解し、保護者がこれらの問題に対処する方法のギャップを特定することでした. ネットいじめの全貌は、今年初めに発表された McAfee のコネクテッド ファミリーに関する調査に続くものです。この調査では、子どもたちの間でのネットいじめが、今日の家族が直面している最大の危険の 1 つであることを発見しました。 現在の調査では、報告されたいじめの種類、世界中でネットいじめが増加している特定のプラットフォーム、いじめの加害者と被害者に関するデータなど、ネットいじめに関連するいくつかの新しい重大な傾向が明らかになりました。

一目でわかる結果

1. ネットいじめは 10 歳の子供を人種差別的に攻撃します。 子どもたちは、人種差別、セクシャルハラスメント、身体的暴力の脅威など、最も深刻な形態のネットいじめの割合が高いと報告しています。

  • ドイツでは、子供の 5 人に 1 人が、インターネット上で人種差別的な侮辱を受けたことがあると言っています。 この数は 15 歳から 16 歳の少年の間で特に高く、3 分の 1 は人種的動機によるネットいじめの経験を報告しています。 世界的に、子供の 4 分の 1 以上がオンラインで人種差別的な行動を経験しており、特に懸念されるのは、10 歳の子供の 22% がそれを経験していることです。
  • インターネット上でのセクシャルハラスメントは依然として子供たちへの脅威です。ドイツでは 10 人に 1 人以上の子供 (13%)、世界では 6 人に 1 人の子供が影響を受けています。
  • ドイツの子どもの 10 人に 1 人が、嫌がらせ、いじめ、身体的暴力の脅威をネットいじめの対象としています。 この数は世界的にはさらに高く、世界平均で 8 人に 1 人の子供がこの脅威に直面しています。

2. あらゆる努力にもかかわらず、メタ プラットフォームは依然としてネットいじめの最も危険な場所の 1 つです。 他のソーシャル メディア プラットフォームと比較して、子供たちは Instagram、Facebook、WhatsApp プラットフォームでより多くのネットいじめを報告しています。

  • メタ プラットフォームの中で、WhatsApp は世界で最も人気のあるメッセージング アプリであり、60% 以上の子供が使用しています。 Facebook Messenger は 2 位で、10 人中 4 人の子供がこのプラットフォームを積極的に使用しています。
  • ドイツの子供のほぼ半数 (48%) は、すでに WhatsApp でネットいじめを受けていると答えており、35% は Facebook でいじめられている. 10~14 歳と 17~18 歳の少女が最も危険にさらされており、61% が WhatsApp でネットいじめを受けたことがあると答えています。

3. 見知らぬ人だけが危険ではありません。 ネットいじめは、子どもが個人的に知っている人物から発生する可能性が高くなります。

  • ドイツでは、見知らぬ人からいじめられている子供の 28% と比較して、46% の子供が知っている人からいじめられていると報告しています。 世界的には、これらの数値はそれぞれ 58% と 46% です。
  • さらに、ドイツの子供たちの 35% が、自分たちについてのデマが広まっていると言い、32% が意図的にグループ ディスカッションから除外されていると述べています。

4. ネットいじめをしているのは誰? あなた自身の子供になることもできます: 親は、自分の子供がネットいじめに加担しているだけでなく、ネットいじめに遭っているのではないかと恐れています。

  • ドイツでは、親の 55% が自分の子供がオンラインでいじめられるのではないかと恐れていると答え、34% が自分の子供がいじめられるのではないかと恐れていると答えています。
  • オンラインで誰かをいじめたことがあるかどうかを尋ねられたとき、ドイツの子供の 83% が明確に「いいえ」と答えました。 しかし、特定のネットいじめの行動について尋ねたところ、ドイツの子供の 2 人に 1 人以上 (55%) が、これらの行動の少なくとも 1 つまたはいくつかを犯したことを認めました。 ほとんどの場合、子供たちは、オンラインで誰かをからかったり (22%)、誰かを侮辱したり (16%)、グループ チャット、会話、ディスカッション スレッドから誰かを除外したりした (12%) と言っています。 これは、ネットいじめとは何かについての理解が不十分または不完全であることを示しています。

良い点として、この調査では、保護者が増大する脅威に対して行動を起こしていることが示されています: ドイツの保護者の 74% がネットいじめについて調べており、60% が子供たちとそれについて話し合っていると述べており、44% がデバイスを監視していると答えています。ネットいじめで。

自分の子供がネットいじめに直面している場合、親ができること

ネットいじめの本当の意味と、いじめの定義が絶えず変化していることについて、親が子供たちを教育することが重要です。 一見無害な行動として受け入れられていた行動が、今ではいじめであると認識されています。 家族内で率直で正直なコミュニケーションの環境を作り、いじめはオンラインでも発生する可能性があり、必要に応じて家族にサポートと保護を求めることができるという事実について子供たちに話すのに役立ちます. 最後に、ネットいじめを防ぐための技術的な対策もあります。

調査方法: この調査は、市場調査会社 MSI-ACI によって 2022 年 6 月 15 日から 7 月 5 日に実施されました。 10 歳から 18 歳までの子供の親は、電子メールでオンライン アンケートに回答するよう招待されました。 ドイツ、オーストラリア、ブラジル、フランス、英国、インド、日本、カナダ、メキシコ、米国の家族を含む、10カ国から合計11,687人の親とその子供が調査に参加しました。 保護者は、10 歳から 18 歳までの子供が調査に参加できるかどうかを事前に尋ねられました。 この場合、保護者は調査を子供に送信する前に、まずいくつかの質問に自分で回答する必要がありました。

www.pressebox.com | www.mcafee.de

Furutani Yasushi

「ポップ カルチャー ファン。誇り高きクリエーター。一般的な Web 研究者。フード アドボケイト。テレビ ジャンキー。生涯にわたるアルコール オタク。内向的になりたい。流行に敏感なビール マニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。